CDせどりにも

新品 CD せどりと中古 CD せどりがあります。

 
新品CDせどりと中古CDせどりでは仕入先も多少異なります。
 
もちろん、仕入れ基準も異なることになります。
 
 
新品CDせどりは主にランキング重視で攻めるのがいいと思います。
 
ランキング重視になってしまうと
 
利幅は少なくなってしまいますが、回転が早いため、
 
同じ商品を何度もリピート販売するといった戦略がメインになります。
 
 
実際に私の知り合いのせどらーさんには
 
同じCDを数千枚売っている人がいます。
 
私は怖くて、そこまではなかなか攻めれないのですが。。。
 
 
そして、出品者が増えて相場が下がり始めてきたら撤退します。
 
あまり儲からなくなったらすぐに撤退すべきですね。
 
儲からないといっても、1 つ大体1000円前後の利益を目指します。
 
 
その位の利益を取れるようにしておかないと
 
撤退する時に赤字で売り切ってしまうことがあるので注意が必要です。
 
 
同じ商品を繰り返しリピート販売する時は
 
最初が一番高く売れる傾向が強いです。
 
そして、徐々に相場が 下がっていく事が多いです。
 
もちろん、相場が下がれば、
 
比例して利益も少なくなっていくことが多いです。

 

では、ランキングを重視しない新品CDせどりを

やればいいんじゃないのか?

そう思うかもしれませんが、

 
初心者さんにはなかなか難しいのが現状です。
 
世の中、簡単に上手くいかないですね。^^;
 
 
理由は、商品を探しても、なかなか見つけられなかったり、
 
目利きが必要になってくるからです。
 
 
中古CDせどりについては、
 
新品せどり同様にランキング重視で狙うことも出来ますが、
 
ランキングの高い商品は、発売後、
 
あまり日が経過していないことが多いので、
 
基本的にブックオフでも値付けが高いです。
 
 
ですから、なかなか利益がとれない事が多いです。
 
つまり、同じCD せどりであっても新品CDせどりと中古CDせどりでは
 
考え方ととるべき戦略が違うわけです。
 
 
私の場合は、中古CDせどりは
 
発売から少し時間が経過した初回限定盤や、
 
廃盤になった古いレアな商品を仕入れることが多いです。
 
このレア物については、目利きが必要になる事が多いです。
 
 
基本的にAmazonで定価より高く売れているのは、
 
初回限定盤や数量限定盤、期間限定生産などの限定盤

といわれるものになります。

 

具体的にはCDと一緒にDVDも付属している商品が多いですね。

 
Limited Edition と記載されている事もありますので、
 
記載を見つけたら、チェックしてみて下さい。
 
 
基本的にAmazonの在庫切れで、
 
ライバル出品者が少ない商品が
 
プレミア価格になっていることが多いですね。
 

もちろん、ランキングが高いからといっても、

ライバル出品者が多くなれば、

販売価格が下がっていきますので、

利益がなくなってしまったり

突然のAmazon在庫復活というリスクもあります。

 

新品CDせどりの1つとして

 
未発売のプレミア価格がつきそうなCDを予想して、
 
Amazonで予約して定価以下で購入したり、
 
他のネットショップや、リアル店舗で購入します。
 
 
そして、発売日からプレミア価格で販売して
 
利益を得るという方法がありますが、

プレミア価格がつかない事もよくあるので、リスクは高いです。

 

ですから、初心者の内はあまりオススメする方法ではありません。

このせどり手法は1にも2にも商品知識リサーチ力が

命になってきます。

 

中古CDせどりについては、新品CDと同じく、

限定盤は高値になりやすいです。

 

しかし、先程も伝えたように発売してすぐの商品は、

ブックオフなどでも値付けが高い事が多いです。

 

ですから、利益の取れることが少ないです。

むしろ、中古CDせどりの基本は

廃盤になったマニア受けする商品だったりします。

 

ですから、目利きが出来る商品知識が必要になる事が多いです。

 

この廃盤CDせどりの特徴は、

ランキングが低いものが多く、

すぐに売れるというわけではないです。

 

ですが、どうしても欲しがるマニアという方が

一定数以上いますので、必ず売れます。


しかも、ブックオフなどの大手からすると、

一般向けではない商品のため、

高値を付けても売れないだろうと判断していますので、

250円コーナーや500円コーナーで

仕入れすることが出来たりするわけですね。

 

実際にAmazonの価格だけで判断すると、

 
出品者数とランキングだけしかデータがないので、
 
なんで、こんな高い価格で売ってるの?
 
売れないんじゃないのと思う事があります。
 
 
しかし、実際に過去のデータを見ると、
 
何度も売れているという商品が出てきます。
 
すると、このCDは、レア物であることがわかるわけですね。
 
 
 
この単純作業を繰り返すことで、
 
商品知識が身に付いてきます。
 
そして、バーコードサーチに頼らない
 
目利きせどりができるようになってきます。
 

 

特に結構前の廃盤やプレミア商品は

ブックオフの250円コーナーで

意外と見つかるんですよね。

 

ですが、見つかる頻度というのは、

決して多くはありません。

注意が必要です。

 

ブックオフの250円コーナーのCDや500円コーナーのCDを

 
仕入れようとしても、
 
本せどりの105円コーナーから仕入れする程、
 

利益の取れる商品は多くは見つかりません。

 
 
つまり、中古のレアな商品は
 
なかなか売っていないというのが現状です。
 

レア物のリストを持って行って、ブックオフで探しても、

まず売ってません。

 

ですから、見つかればラッキーといった具合に

ボーナス的な感覚でいるのが正しい認識だと思います。

 

つまり、中古CDせどりは、目利きが非常に重要なってくるわけですね。

それに比べると、CDせどりは新品CDせどりの方が

比較的仕入れがしやすいという事になります。

 

また、リサーチ自体も勉強する必要がありますが、

比較的に簡単です。

 

CDせどりの基本的な戦略は利幅は少ないけれども、

何度も繰り返して販売することができる新品せどりを中心にします。

 

そして、中古CDせどりで、レアな商品を

たまに仕入れて大きな利益を狙っていきます。

 

新品CDせどりで、安定した収益を産み、

中古CDせどりで、ボーナス的な収益を発生させることが

鉄板のCDせどり戦略になります。

 

ちなみに目利き重視で仕入れた中古CDはランキング度外視で、

過去に売れているデータがあれば仕入れたりします。

 

何度もお伝えしていますが、ランキングの高いCDは、

利幅が少ないものが多いわけですが、

最低でも1000円の利益は、

確保するようにすることをおすすめします。

 

その理由はCDせどりは本のせどりに比べると資金がかかります。

それに加えて、販売価格が下がるスピードも早いからです。

 

ですから、仕入れする時に

最低利益かとして1000円前後ないと

価格が暴落した時は赤字になる可能性もあります。

 

最初の内は

仕入れ基準を厳しめに設定しておく事をおすすめします。

 

それは、もし仕入れ出来なくても

不良在庫や赤字にはならない

つまり、損をしないようにするためです。

 

そして、今後のことを考えると、

最初のころから、

しっかりと利益が取れるかどうか計算する癖をつけていきましょう。

 

最初のうちは、計算は結構面倒ですが、

何度もしていくうちに、大体の金銭感覚が掴めて来ます。

この価格なら仕入れしてもいいな

という感覚ですね。

 

他にも新品のCDで、何年後かにプレミア価格がつくだろうと予測して

寝かしておく事を想定したCDせどりなどもあります。

 

他にも、ランキング度外視で、とにかく利益重視のお宝商品を仕入れる

といった、CDせどりの方法もあります。

 

つまり、人によって仕入れ基準というのは

バラバラなんですね。

だから、最終的には、自分にあった

CDせどりの攻略法を考えていけばいいと思います。

 

しかし、最初のうち、せどり初心者の人は

今まで私が伝えた事を忠実に守って実践してみてください。

必ず成果は出るはずです。

 

成果が出ない場合は、仕入れ基準が間違っているか、

行動力が足りないかの2つです。

今一度、自分を見つめ直してみて下さい。

 

他にもCDせどりには色々なテクニックなどがあります。

例えば、

・新品・中古・リアル店舗・電脳せどり・輸入盤

・限定盤・廃盤・購入店舗特典付属・回転商品・ロングテール

・目利き重視・ランキング重視・ヤフオクで併売などなど

 

まだまだ語り尽くせないことが多いです。

その点については、後々ブログでも説明していくかもしれませんし、

しないかもしれません。

まずはメルマガでお話しようと思っています。

 

なので、今回のCDせどりで興味を持った人は

メルマガに登録してみて下さいね。

メルマガでお会いしましょう。

一緒に読むことで、より知識が深まります。