せどりの基本は

ブックオフや古本市場などの中古店や家電量販店などで、

商品を仕入れしてくることです。

 

せどりの基本はこの作業の繰り返しになります。

 

つまり、せどりは利益が取れる商品を探して

仕入れて販売する。

この繰り返しです。

 

だから、誰にでもすぐに簡単に出来ます。

しかし、単調な作業になってしまうことから

挫折してしまう人が多いのも事実です。

また、仕入れ方法は色々な方法がありますので、

そこで、差がつくということもあります。

 

しかし、仕入れの基本はブックオフなどが一番です。

 

もちろん、利益をさらにあげていくために

メーカーから直接仕入れしたりすることもできますが、

最初のうちはハードルが高いと思いますので、

そういった事はしなくても大丈夫です。

 

主に、せどりで扱うジャンルは

本、CD、DVD、ゲーム、おもちゃなどが

対象となります。

 

せどりで扱うジャンルが広がれば広がるほど、

色々な場所で仕入れる事が出来ます。

こちらも最初はハードルが高いと思いますが、

今後のために、頭の片隅には置いておきましょう。

 

なぜ、私がブックオフを勧めるのか?

 

せどりの仕入れをこれから始める人は

本当に売れるか不安なため、

出来るだけ、リスクを避けようとします。

 

私も始めた当初は、リスクは出来る限り

低く抑えたかったです。

当たり前ですよね。

 

だから、最初はブックオフの105円コーナーで

仕入れすることから始めました。

(実際に始める人も多いです)


ブックオフは、ほとんどの人が知っているほどの

大きな会社になります。

大きな会社には、大きな会社だからこそ取れる戦略があります。

 

例えば、ブックオフの中古商品の買い取り基準は

システム化されています。

 

どの店員やアルバイトが査定をしても、

ほぼ同じ価格になるようにするためです。

そういった教育をマニュアル化しています。

 

 

では、その買い取り基準とは

商品の状態のみで決まります。

 

CD、DVD、ゲームなどは

違う基準が採用されている場合も

ありますが、

 105円書籍の価格設定については

基本的には商品が綺麗かどうかでほとんどが決定してしまいます。

 

つまり、実はレアで価値の高い本であっても、

古くて、状態が悪いために、

ブックオフでは105円で販売されることがあります。

 

もしくは、新しい本でも、

商品状態が悪く、汚れや書込み、破れやマーカーがあった場合は

105円コーナーに置かれます。

 

※通常、書込みやマーカーは販売されない場合が多いです。

 

ですから、レアな本が105円コーナーに潜んでいる場合があります。

ここで、差益が発生するので、その本の本来の価格で

売ってあげるのです。

 

こうする事で、せどらーが参入出来る事になります。

具体的には、Amazonなどの方が高く売れる

と言ったケースはよくあります。

 

以上のように、こういった商品を見つけて

繰り返し販売するのが

せどりという仕事になります。

 

これから、せどりを始める方は

同じ商品を繰り返し販売する事

基本だと覚えておいて下さいね

一緒に読むことで、より知識が深まります。