せどりの基本とは何でしょうか?

シンプルに安く仕入れて、高く売ることこれに尽きます。それ以上でもそれ以下でもありません。

特に安く仕入れることは、せどりで儲けるために必須の要素です。最悪仕入価格を0にしてしまえば、少なくとも赤字になることはありません。売れなくても損はないのです。

そこで今回はせどりの最も基本である仕入れの全体像について解説していきます。

せどり初心者はどこで仕入れするのが良い?

仕入についてですが、Amazonせどりのメインはブックオフや古本市場などの中古取扱店や家電量販店などの新品取扱店で、商品を仕入れる事になります。

基本的には毎日、ブックオフや家電量販店に通っていれば、自然と稼げるようになります。反対に通わなければ、稼ぐ事は出来ません。それは、何度も店舗に通うことで店舗の知識と商品の知識を覚えるからです。

もちろん、在宅でネットを利用して、稼げる知識を手に入れることも出来ますが、店舗を攻略するのであれば、やはり店舗に行くしかありません。なぜなら店舗には、ネットでは出回らない隠れ情報があるからですね。なので、出来る限り店舗まで足を運んで知識を得ることが良いでしょう。

【PR】マカド! Amazonせどり管理ツールの公式サイトはこちら

せどりビジネスは徹底的な反復作業

せどりの本質は、利益が取れる商品を店舗で安く仕入れしてきて、Amazonで高く販売する。

この利ザヤを繰り返し得ていくだけです。

とてもシンプルな構造なので、誰でも真似しやすいビジネスモデルだと言えます。

しかし、誰でも真似しやすいからこそ、ライバルも多くなってきますので、工夫が必要になってきます。

もちろん、せどりはあまりにも単調な作業なので、同じことを繰り返すことが苦手な人にとっては挫折しやすいビジネスとも言えます。

来る日も来る日も毎日毎日同じ作業の繰り返しです。

しかし、同じ作業をしていく中でも、より稼げる人というのは存在しています。

何が違うかというと、一手間を加えたりしています。

具体的な手法を述べることは残念ながらブログ上ではお伝え出来ませんが、面白い位、手法が違いますよ。

一工夫できるかどうかで、せどりで稼ぎ続ける人とせどり稼げない人の差が出てきます。

ブックオフをメインの仕入れ場所としている人(せどらー)も多いですが、仕入する商品は人によっても全然違います。

本だけを取扱している人、CDだけを取扱している人、セールだけに特化している人など様々です。

なので、あなたは何で攻めていきたいのか考えてみてくださいね。

ブックオフ以外の仕入れ先はあるの?

せどり=ブックオフという概念が染み付く位、ブックオフで安く仕入れて、Amazonで高く売るというのは定番になってしまいました。

しかし、当然ブックオフ以外で仕入するというのは、全然ありですし、稼いでいる人は当然複数の仕入れ先を確保していることが多いです。

せどらーの上級者には、より利益をあげるために、直接メーカーと交渉し、仕入れ値を安くしている人もいれば、独占販売の権利を確保していたりする人もいます。

せどり初心者の人は当然そのような事は最初は難しいと思いますので、とりあえずは慣れるまで無視しても構いません。

徐々に仕入れ交渉をするなど、より難易度の高いことに挑戦していくのがベストでしょう。

なぜなら、そこまでしなくても、せどりは稼げるからです。

せどり初心者はどのジャンルで勝負すべきか?

せどりと言っても取り扱うジャンルは多岐にわたります。

主に、参入者が多いジャンルは、本、CD、DVD、ゲーム、おもちゃなどですね。

そもそも、せどりは配送コストもあるので、商品が小さい「本」などを中心に取り扱いされてました。

今では、かなり幅広いジャンルを扱うようになってきましたが、それは最近のことですね。

当然、上記のジャンルをメインで勝負する人もいますし、ライバルが少ないジャンルを狙って稼ごうとしている人(せどらー)もいます。

あなたもどのジャンルで攻めてみるか考えてみてください。

今まで、本だけをを仕入れていた人もジャンルの幅を広げてみる事で、色々な場所で仕入れが出来るようになり、利益が上がる可能性もあるので、振り返ってみることは大切です。

今までやったことがない未開拓のジャンルに飛び込むのも、最初はハードルが高いかもしれませんが、いずれはそのような流れが当然になってきます。

ですので、なるべく早めに小さくで良いので、試してみましょう。

ブックオフせどりが流行した理由って何?

せどりの始まりはブックオフから始まったといっていいでしょう。

それには先程お伝えした時代背景がありますので、その点をもう少し説明していきます。

当時、Amazonといえば、本を販売している所というイメージが日本では強かった時代がありました。

その時、Amazonで本を売る時は、送料が350円固定となっていたのです。商品価格は1円から可能でしたので、実質ユーザーが本を買おうとした場合、351円となるわけですね。

Amazon手数料や自分が購入者に贈る送料を計算すると200円位手元にお金が入ってきたのです。ブックオフで100円仕入れすれば、1冊につき約100円の利益が出ていたのです。

なので、本を仕入れれば仕入れるほど、利益が上がる時代があったのです。その時代がまさにせどりが流行し始めた時なんですね。しかし、その時代も長くは続きません。なぜなら、Amazonが固定していた送料が350円から257円へと変更になったからです。それまで利益が取れていたビジネスモデルが破綻したのです。

ただ、そのビジネスモデルが発端となり、せどりは流行を遂げるようになったのでした。

せどりを始める時の不安って何だろう?

初心者がせどりを始めるにあたって、一番の不安は、自分が仕入れた商品を本当に誰か買ってくれるのか?本当に売れるのだろうかということではないでしょうか。

少なくとも私はそうでした。なぜなら、当時私は一度もネットショッピングをしたことがなかったからです。ヤフオクもAmazonも他のサイトですらも利用したことがなかったのです。なので、本当に商品が売れるのかはかなり不安でした。

そして、せどりの一番のリスクは、商品が売れないリスクです。なぜなら商品が売れなければ、どれだけ利益が見込める商品であっても、売れない限りは赤字になるわけですね。在庫保管のリスクもついてきます。

最悪、赤字になる商品であっても、売ることさえできれば、損切として赤字を最小限にすることが出来ます。しかし、商品が売れなければ、不良在庫を抱えるということで、仕入れた金額がまるまる赤字になってしまうのです。

従って、せどり初心者の多くは、リスクが最も低い、ブックオフの105円コーナーで仕入れすることから始めます。仮に仕入れた商品が売れなかったとしても、105円の赤字になるだけなので、痛みは少ないことから始めやすいということですね。

しかし、1商品仕入れするのに10万円必要だったらどうでしょうか?

商品が売れれば良いですが、売れなかった場合、せどらーは10万円の赤字を背負うことになります。そうなると、かなり負担は大きいですね。初心者の不安を拭うために100円から仕入れが出来たブックオフせどりが流行した理由の1つでもありました。

本当にブックオフで仕入してお金を稼げるの?

ここまで、せどり=ブックオフみたいな感じで説明してきましたね(笑)もちろん実際はそれだけではありませんが、わかりやすい実例がブックオフであることは間違いありません。

では、ここまでの説明を聞いてきた人は、本当にブックオフの商品で利益が取れるのか疑問に思っている人もいるでしょう。

結論から言うと、ブックオフ仕入れで稼ぐことは可能です。なぜ、可能なのでしょうか?その1つがブックオフは、誰もが知っている大きな会社だからです。ブックオフは中古商品を主に扱うお店ですが、中古の買い取り基準は大手なので、システム化されています。

システム化されているというこは、どの店員でも、どのアルバイトでも査定価格が同じになるようにしているのです。当然、店員によって、販売価格が毎回大きく変わっていては、ブックオフの経営者は怖くて夜も眠れません。

お客さんも毎回相場が異なっていたら、安心して買取を依頼する事は出来ませんよね。従って、ブックオフではマニュアルを作り、スタッフ全員に同じ事を覚えさせて、安定したサービスを提供しているのです。

実はそのマニュアル化によって、せどらーは恩恵を受けることになるのです。マニュアル化してしまうと、緊急の事態に対応することは出来ません。

例えば、突然のブームで価格が急騰する商品は必ず登場します。残念ですが、ブックオフのような大手は、そのような突然の価格差に対応することが出来ません。対応するのに時間もコストもかかるからです。

しかし、私たちのような小さい会社や個人は、臨機応変に対応することが出来ます。それこそが、せどらーが大手ブックオフに勝てるチャンスなのです。

ブックオフの買い取り基準はどうなっているの?

では、ブックオフの買い取り基準は実際にどうなっているのでしょうか?結論からいうとブックオフの買い取り基準は商品状態で決まります。

もちろん発売時期により参考価格はあります。しかし、本の場合、商品が綺麗かどうかというのは、値段を下げる大きな要素になります。例えば、ブックオフでは、書き込みがある本は、販売しておりませんが、もし検品ミスで書き込みのある本が販売されていた場合、100円で販売されることになります。

つまり、ブックオフにおいて本の商品状態というのは、かなり重要なのです。レアな本であっても、新刊であっても、汚れ、書込み、破れ、マーカーなどがあった場合は105円コーナーにいきます。

ところがAmazonの商品状態は基準が違います。書き込みがあっても、マーカーがあっても販売することが可能です。

すなわち、商品状態が良くないせいで、本来価値ある商品の値段が異常に下がっているが、それを適正な値段に戻して販売してあげるのです。

これがせどりの儲け続けることが出来るカラクリです。

最後に

商品の価格を正しく直すということを繰り返していくのが、せどりというビジネスです。この考え方をしっかり抑えておけば、他のビジネスに応用することが可能です。

まずは安く仕入れて高く売るこれを忘れないようにしてください。

マカド! Amazonせどり管理ツールの公式サイトはこちら

一緒に読むことで、より知識が深まります。