せどりの基本とは何でしょうか?

シンプルに「安く仕入れて、高く売ること」これにつきると思います。

 

では、どうやって仕入れするのかと言うと、ブックオフや古本市場などの中古取扱店や家電量販店などの新品取扱店で、商品を仕入れて来る事になります。

 

基本的には毎日毎日、ブックオフや家電量販店に通っていれば、自然と稼げるようになります。反対に通わなければ、稼ぐ事は出来ません。

 

 

せどりの本質は、利益が取れる商品を店舗で探してきて、Amazonで高く販売する。この繰り返しだけと言っていいです。

 

 

だからこそ、誰にでも簡単に出来る成功率が高いビジネスモデルだと言えます。

しかし、そのあまりの単調な作業さゆえに、挫折してしまいやすい人が多いのも事実です。

来る日も来る日も毎日同じ作業の繰り返しです。

 

ですが、その同じ作業に一手間加えたりすることで、無限に手法は異なってきます。

せどりで稼ぎ続ける人と稼げない人の差は、そこにあります。

例えば、ブックオフ1つとってもそうです。

 

 

ブックオフをメインの仕入れ場所としている人も多いと思いますが、戦略はせどらー人それぞれです。

本当に面白いくらい手法が違います。

本だけを取扱している人、CDだけを取扱している人、セールだけに特化している人などですね。

 

せどりと言えば、ブックオフという概念が染み付く位、ブックオフでの仕入れは基本となってしまいましたが、別にブックオフをあえて除外して、仕入れ先を探すことだって出来るわけです。

 

せどらーの中には、さらに利益をあげようとするために、直接メーカーと交渉し、仕入れの権利を確保したりする人もいます。

ですが、最初は仕入れ交渉等はハードルが高いと思いますので、とりあえずは無視してももらっても構いません。

 

せどりと言っても取り扱うジャンルは多岐にわたります。

主に、参入者が多いジャンルは、本、CD、DVD、ゲーム、おもちゃなどですね。

 

 

もちろん、メインジャンルで勝負する事も出来ますし、ライバルが少ないジャンルで稼ごうとする人もいます。

ジャンルの幅を広げてみる事で、色々な場所で仕入れが出来るようになりますので、おすすめです。

未開拓のジャンルに飛び込むのも、最初はハードルが高いかもしれませんが、いずれはそういった風潮になってくると思います。

ですので、今後のために、頭の片隅にだけ置いておくことにしましょう。

 

 

では、なぜ、せどりはブックオフで流行したのか?お伝えしていきます。

まず初心者がせどりを始めるにあたって、一番の不安は、自分が仕入れた商品を本当に誰か買ってくれるのか?本当に売れるのだろうかということではないでしょうか。

そこで、人は出来るだけ、リスクを避けようとします。

 

せどりで言う一番のリスクは、売れないリスクです。

商品が売れなければ、どれだけ利益が見込める商品であっても、売れない限りは赤字になるわけですね。

私も不良在庫を抱えるという最大のリスクだけは避けたかったです。

 

そうすると、みんながこぞって、最初はブックオフの105円コーナーで仕入れすることから始めます。

それは、もし仮に仕入れた商品が売れなかったとしても、105円の赤字になるだけなので、痛みは少ないということからです。

これが、1商品10万円だったらどうでしょうか?

この商品が売れなかったら、10万円の赤字になるわけです。

結構、大きな損失ですよね。

ブックオフ仕入れは105円にリスクを抑える事が出来たので、ブックオフでせどりを行うという手法が世に浸透したわけです。

 

では、なぜブックオフの商品で利益が取れるのでしょうか?

理由の1つはブックオフは、誰もが知っている大きな会社だからです。

ピンと来ませんよね。

もう少し考えてみましょう。

 

ブックオフは大きな会社ゆえに、採用している戦略があります。

それはブックオフの中古商品の買い取り基準はシステム化されているということです。

どの店員やアルバイトが査定をしても、ほぼ同じ価格になるようにするためですね。

それは、そうですよね。店員によって、値段が毎回大きく変わっていたのでは、ブックオフの経営者は怖くて夜も眠れません。

お客さんも毎回相場が異なっていたら、安心買取に出す事なんて出来ませんよね。

なので、ブックオフではそういったことにならないように教育をマニュアル化して、スタッフ全員に同じ事を覚えさせるわけです。

 

すると、そこに僅かな歪みが生じ、結果として価格差が生まれてくるわけです。

 

では、買い取り基準は実際にどうなっているのでしょうか?

ブックオフは主に商品の状態のみで決まります。

CD、DVD、ゲームなどは違う基準が採用されている場合もありますが、書籍105円の価格設定については基本的には商品が綺麗かどうかでほとんどが決定してしまいます。

 

つまり、実はレアで価値の高い本であっても、古くて、状態が悪いために、ブックオフでは105円で販売されることがあります。

もしくは、新しめの本でも、商品状態が悪く、汚れや書込み、破れやマーカーがあった場合は105円コーナーにいきます。

※通常、書込みやマーカーは販売されない場合が多いです。

なので、レアな本が105円コーナーに潜んでいる場合があります。

ここで、差益が発生するので、その本を本来の適正な価格で売りなおしてあげるのです。

 

これがせどりの儲けるカラクリになります。

この価格の歪みのおかげで、せどらーが誕生することになります。

歪みを是正してAmazonで販売してあげるだけで、仕入れた金額よりも高く売れると言ったケースが何度も出てきます。

それが自分の利益になっていくわけです。

 

歪みが生じ、安くなっている商品を仕入れてきて、適正な価格で売りなおしてあげることの繰り返しが「せどり」というお仕事になります。

この考え方さえ抑えておけば、応用がききますので、今後より利益をとっていきたい場合に自分で知恵を絞って行く事が可能でしょう。

そうすれば、どんな時代の流れになろうとも稼ぎ続ける事が出来るせどらーになれます。