私は金持ちになりたいと思ってネットビジネスを始めました。

サラリーマンで、働くのも悪くはないと思いますが、

私の価値観は違いました。

 

なぜなら、サラリーマンでは、私がイメージする金持ちになることは出来ないという事実があったからです。

そして、一度きりの人生、人とは違った面白い経験をしたい。

それは今もそう思って生活しているんですけども。。。

 

昔、「金持ち父さん貧乏父さん」という本を読みました。

当時の私には凄い衝撃的で。

そこには、自由な金持ちになるには、

ビジネスオーナーか投資家のクワドラントに進まないといけないと書かれていました。

 

単純な私は、「そうなのか」と思って、

将来はどちらかに進もうと思ったんです。

 

で、その本には「不労所得」という言葉が出て来ました。

初めて聞いた言葉でしたが、

働かないのにお金を稼ぐことが出来るという言葉でした。

 

これまた単純な私は「そんなことが出来るのか」と

感動してしまいました。笑

 

そして、不動産投資を知る事になったのですが、

実際に、不動産なんて所有できる金額には

はるかに及ばず断念しました。^^;

 

しかし、どちらかのクワドラントに入らなければ

考えていた私は、アフィリエイトというビジネスを知る事になります。

 

しかし、全然稼げず、即断念。笑

 

で、さらに何年か経って、「せどり」という物販ビジネスを知る事になりました。

「せどり」というのは、

「物」を安く仕入れて、高く「物」を売る商売です。

 

実はこの「せどり」のビジネスを始めるのにも、

長い事、時間を要したんですが(汗)

実際にせどりを始めてみると、本当に売れるのか?と思っていた物が

バンバン売れる事を知ったんです。

 

で、今現在もやっているわけなんですけど。^^

「せどり」も一応、ネットビジネスの扱いにはなっているが、

このネットビジネスは本当にやばいことを実感しています。

 

そして「せどり」という物販ビジネスをやっていて、気付いた事があります。

「物販ビジネス」は「物」を仕入れて、「物」を販売するけど、

「情報ビジネス」は「情報」を仕入れて、「情報」を販売する

ということです。

 

「情報」は在庫リスクなんてない。

何て凄いビジネスだということに今更ながら気付いてしまったんです。

 

この情報ビジネスをマスターするしかないと思い、

どこか学ぶべき場所(例えば、専門学校や予備校、塾)はないかと探していました。

 

もちろん、独学で低コストで学んでいく方法も考えたが、

結論として、こういった塾形式のものに入るのが、成果が一番早いという結論に至ったわけです。

 

今気付けば、ソフトバンクの孫正義氏もこれからは情報革命だと言っていました。

その本当の理解は今になってようやく分かったということですね。

 

インターネットのインフラが整った「今」。

どう考えても「情報ビジネス」の大きな時代が来ると確信したわけです。

 

何とかこの大きな波に乗りたいというわけで、インターネットビジネススクールへの入学を決めました!

もちろん、自分なり計算し、自信を持って入学を決めはしましたが、

不安な部分というのはもちろんあります。

 

しかし、チャンスは「今」しかないんです。

特にネットビジネスの世界はスピードが速い。

チャンスだと判断した瞬間に飛び込んでいかないと

酷い目を見る事になります。

 

これは、中小企業で戦われている人なら分かるはずです。

もちろん、この業界が何年もつか分かりません。

しかし、今以上のチャンスはないのかもしれません。

 

仮に、今後さらなるチャンスが待ち構えていた場合は

今育てているものが、どえらい事になっているはずです^^

 

これだから、ビジネスは辞められません。