アフィリエイトやせどりを始めようとしている人は、インターネット上で稼げる情報を探しているのではないでしょうか。

しかし、ネット上で出ている無料の情報は本当に稼げるの?と不安に思っている人も多くいることでしょう。

そこで今回は、インターネット上で流出している無料情報でも稼げるのかどうかをお伝えしていきます。

まずは結論ですが、ネット上で出ている無料情報で稼ぐことは出来ます!

但し、無料情報と言っても全部が全部正しいわけではありません。世の中にはフェイクニュースがあるように嘘の情報を書いている人もいますので注意が注意が必要です。

なので、まずはしっかりとした情報源を探すようにしましょうう。探すポイントは2つです。

①稼いでいないが実践している人を探す

②稼いでいて実践している人を探す

出来れば、②の稼いでいて実践している人を探して欲しいところです。

無料情報の注意ポイント

ところが無料情報は有料情報と比較して気をつけなければいけないポイントがあります。

そのポイントとは、情報が見ずらく、順番になっていないことが多いということです。なぜなら、無料情報の場合、あまり体系立てて書かれていないことが多いです。

また無料情報の場合、稼げる極秘のコンテンツが全て書かれてるわけではないということですね。

情報発信をしている人は神様ではありませんので、自分の利益が全てなくなるようなおいしい情報は全部話しません。

一部かいつまんで教えてくれることはありますが、それ自体が稀であると肝に銘じてください。

従って、無料情報は順序立てて全てが書かれていないことが多いことなのです。

では、一体どうすれば良いのでしょうか?

無料情報で稼げるだけの知識を手に入れるためには、沢山の無料情報をかき集めなくてはいけません。

それぞれの媒体にある「おいしい情報」を1つずつ探し出して、まとめるということが必要ですね。

つまり、無料情報で稼ぐためには、情報を集めきるために時間をかけなければいけないということなんです。

反対に言えば、時間さえかければ、無料情報できちんと稼ぐことは出来ます。

実際に私も無料情報だけで、稼ぐことが出来ましたし、他の人も見ていても、有料情報を購入せずに稼いでいる人が沢山います。

無料情報と比較した時の有料情報の良さとは?

確かに、無料情報だけ勉強しても稼ぐことが出来るのですが、先程もお伝えしたように無料情報から稼ごうとすると、膨大な量を調べないといけない。

断片的な情報になってしまうので、学ぶのに時間がかかるといった具合に、とにかく稼ぐまでの時間がかかります。

従って、最短で稼げるようになりたいと思っている人は、有料情報を購入した方が良いです。

有料情報は体系的に知識が学べるため、順番にやっていくだけで稼ぐことが可能です。

しかし、有料情報であれば、すべて良いのかというと、そうではありません。

有料情報の中にも、質の低い、稼ぐことが出来ない情報もあったりします。

もちろん、そのような低品質なコンテンツは少ないのですが、存在していることは間違いありません。

低品質な有料情報に惑わされてしまうと、結局稼げないだけではなく、時間もお金も無駄にしてしまうという負のスパイラルが発生してしまいますので、注意してください。

なので、有料情報を購入する時のポイントを紹介いたします。

有料情報を購入する時にまずチェックすべき項目は、誰が情報を提供しているかということです。すなわちコンテンツの作成者を調べます。

特にアフィリエイトやせどりのコンテンツを作成している人のほとんどは自身のブログなどのメディアで情報を発信していますから、まずはその方がきちんと実践してきた人なのかを確認してみましょう。

きちんと実践してきた人でも、やり方は様々あります。その人のやり方が自分のやり方にあっているのかを確認しましょう。

基本的には、上記の2点を確認するだけで大丈夫です。

もちろん、時間に余裕のある人は、もっと詳しく調べても良いです。

その際は、自分がやりたい手法を使って稼いできたのかどうかを確認してみてくださいね。

絶対にお金を払った以上、失敗したくないという人は、徹底的に調べてみるのも良いでしょう。

しかし、もっと気軽に自分にも使えそうな情報だなと感じれば、購入してみる価値は十分あります。

個人的には、あまり迷うところに判断をかけずに、実践する時間に費やす方がおすすめです。

まとめ

無料情報でも稼ぐことは十分可能です。

但し、無料情報で稼ごうとすると体系的な知識になっていないことが多いので、稼ぐまでに時間がかかります。

所持金はないが、時間に余裕があるという人は、無料情報から始めてみるのが良いでしょう。

所持金に余裕がある人は、有料情報を購入して、さくさくと実践していった方が大きく稼げることが多いでしょう。

基本的には、無料情報よりも有料情報をおすすめします。