アマゾンギフト券は通常、クレジットカードで買うことが出来ません。

もし、クレジットカードで購入できる場合、それはクレジットカードの現金化に当たるため出来ないのです。

しかし、裏技を使えば、クレジットカードでAmazonギフト券を購入することが出来ます。

今回のその裏技であるAmazonギフト券をクレジットカードで購入する方法ついてご紹介いたします。

Amazonギフト券をクレジットカードで購入する方法とは

ズバリ、「デイリーPlus」というサービスを利用すれば、Amazonギフト券をクレジットカードで購入することが可能です。

「デイリーPlus」 とは、ベネフィット・ステーションが運営する有料制割引サービスです。

月540円を支払うと、大体のレジャーやスポーツ、飲食店、映画館などのクーポンが一番の割引率で配信中です。

その為、企業の福利厚生の一環として、企業が会員になっており、社員が使える会社も多いのですが、アマゾンギフト券やジェフグルメカードも割安で販売しているので、還元率を考察してみました。

アマゾンギフト券:

会員限定価格:

【Amazonコード】1,000円分 1,000円⇒ 980円

【Amazonコード】10,000円分 10,000円⇒ 9,800円

アマゾンギフト券はメールで送られてくるタイプとのこと。

支払い方法は銀行振込、コンビニ支払いのみ。クレジットカードは不可。残念・・・

と思うのはまだ早い。諦めたらそこで乞食終了だよ。

支払い方法に 「主要コンビニエンスストア」でのお支払い(振込み票でのお手続き)という項目があり、主要コンビニエンスストアにはセブン-イレブンももちろん含まれています。

※手数料が108円必要。

そう、クレジットカードチャージしたnanacoで支払いすればいいのです。

nanacoチャージでポイントが付く還元率のよいカードは、下記の通り。

・リクルートプラスカード(2%)

・ローソンポンタJMBカード(0.5%)

・楽天JCBカード(1%)

・Yahoo! JAPANカード(1%)

・マツダm’z PLUSカードセゾン(1%)

・漢方スタイルクラブカードは2015/6/1より1.75%⇒0.25%へと改悪しました。さようなら。

さて、リクルートポイントが2%で貯まるリクルートプラスカードでチャージすると考えます。

ちなみにリクルートポイントは、ポンパレやポンパレモールの物販、Pontaポイントに変換して1Ponta=2~3円のお試し引換券、ホットペッパービューティーで無い髪を切る美容院などに使えます。

一応100枚単位で買えますが、さすがにそれは買いすぎということで、ありそうな3万円という単位で買った場合の還元率をシミュレーションしてみましょう。

アマゾンギフト券3万円分:

9800円×3+108円=29508円となります。この時点で98.36%。

まだまだ!これじゃ漢方スタイルクラブカードで買ったほうが安いぞ!

そこでリクルートプラスカードの還元率2%を考慮すると、29508*98%=28918円。

おお、感覚的に3万円分買うと1100円お得。還元率は96.3%。これは素晴らしい。

アマゾンでの買い物が全て3.7%引きになるという結果に。これは素晴らしい。

ジェフグルメカード:

◆主要加盟店◆

モスバーガー・ケンタッキー・ガスト・バーミヤン・デニーズ・ココス・ジョイフル・吉野家・松屋・CoCo壱番館・和民・白木屋等

会員限定価格:

ジェフグルメカード(1枚) 500円 ⇒ 480円

送料420円が必要です。

これも3万円分買い、リクルートプラスカードでチャージしたnanaco払いをしたとすると、(1枚480円×60枚+送料420円+手数料108円)×98%=28741円。95.8%。

我らの主食であり、サラリーマンの栄養補給元である、松屋、吉野家が常時4.8%引きとなります。

これはウマウマや、と思った人は、デイリーPlusとリクルートプラスカードを申し込んでみましょう。

デイリーPlusはYahoo!IDがあれば2ヶ月無料ですし、リクルートプラスカードは年会費2000円かかりますが、1万円CBで実質5年間年会費無料ですし、リクルートカードならば還元率1.2%で年会費無料です。

デイリーPlusも、恐ろしいほど大量の店を網羅したクーポンを配信しているため、通常の交友関係がある人であれば、十分元が取れますよ。


デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス

一緒に読むことで、より知識が深まります。