Amazonでせどりをしている人(せどらー)にとって、必須の仕入れ場所とも言えるブックオフさん。

せどりを一度は経験したことがある人なら、ブックオフに足を運んだ事はあるんじゃないでしょうか?

せどりが世の中に浸透し初めの時、せどり=ブックオフという公式が存在していましたね。

中古の本をブックオフから仕入して、Amazonで販売しなおすという方法です。

まさにブックオフの攻略こそが、せどりの攻略という時代でした。

そこで、ブックオフを攻略する人は、ブックオフで安く仕入れるためにセールを狙って、仕入れ市に行くという戦略をとっている人(せどらー)が何人もいましたね。

当時のブックオフはセールが沢山行われていました。今もセールは行われていますが、全盛期よりはかなり少なくなりましたし、店舗によっては、全くセールをしない所もあったりします。

セールの達人と呼ばれる人たち(ブックオフせどり専門家)

ブックオフせどりを極めようとした人は、ブックオフのセール日と店舗を完全に把握しており、まさに「セールの達人」とまで呼ばれるような「せどらー」が登場してきました。今もブックオフに限らず、色々な店舗のセール情報を追って、セール狙いばかりで仕入する人がいます。

もちろん、戦略としては有りなのですが、基本的には、セールに頼りすぎる仕入はかなり危険だと考えています。理由は、セールを狙うせどらーが多いからです。セールを狙うせどらーが増えると当然出品者の数も増えて、在庫数も増えてきます。そうすると、価格競争が発生してしまい、仕入れ時に参考にした販売価格が下落して、利益がとれなくなってしまったということがあるからです。

もちろん、セール攻略はせどりで稼ぐためには、かなり優秀戦略です。しかし、せどりで継続的に稼いでいく事を目指すのであれば、セール攻略をしながらも、セールがないお店でも仕入れができるように「商品の目利き」を出来るようにしていかなければいけません。

どれだけ、セール情報を探しても、セールがない日とかありますからね。また、ブックオフでのセール攻略を目指すのであれば、もっと茨の道を歩むことになるでしょう。なぜなら、ブックオフでセールがなくなる可能性もあるからです。実際に、セールが少なくなるどころか、セールを行わない店が出てきてますからね。

ブックオフのセールがなくなったらどうするの? 

つまり、セールというお店に身を委ねてビジネスをしてしまうと、不確定要素の部分が強過ぎて、長期間せどりで稼いでいくことを目標に掲げている人にとっては、セールがなくなった瞬間に稼げないせどらーに変貌してしまいます。

注意しましょう!!

 

大変ではありますが、普段から色々な店舗や商品の情報をリサーチし、稼ぎずらい状況下にあっても大丈夫なように勉強しておくのが、ベストです。

 

とは言うものの、やっぱりブックオフのセール情報は魅力的です。

参考までにブックオフのセールには以下の種類があります。

 

セールの種類

■書籍

・プロパー単行本500円均一

・雑誌全て半額

・本全品半額

・文庫全品200円

・単行本20%OFF

 

■CD

・CD20%OFF

・250円CD3枚で500円

・500円CD3枚で1000円

 

■DVD

・DVD30%OFF

・9000円以上のDVD50%OFF

 

などがあります。

あとは洋服関係のセールなどもありますが、今回の記事では省略させていただきますね。

 

話を戻します。

本せどりをメインにする方は販売価格が低いので、書籍のセールは非常に重要です。

ブックオフで書籍セールをやると、沢山のせどらー集まってきます。

 

もちろん、本のセール時が一番ライバルせどらーが多いわけですが、他にもDVDのセール時も比較的にライバルが多くなりますね。

かえって、CDのセール時はせどらーの数はそんなに増えないかなという印象ですね。

IMG_1682 

最後に

セールを活用したせどり手法は大きく稼げます。

しかし、セールをメインにしすぎて活動してしまうと、あっというまに稼げないせどらーに早変わりする可能性が高いです。

あくまでセールはボーナス的な感覚にしておきましょう。

日常からの商材リサーチと店舗チェックこそが重要です

マカド! Amazonせどり管理ツールの公式サイトはこちら

一緒に読むことで、より知識が深まります。