シングルCDの中でも

狙い目のジャンルは

「ビジュアル系バンド」です。

アルバムCDでも狙えます。

 

ビジュアル系バンドは

テレビで見かけることは少なくなってきました。

なので、ビジュアル系バンドを攻略するには

自分で、少し勉強する必要があります^^

 

ビジュアル系バンドのCDは

パッケージが派手な化粧をしているので、

探すのは割と簡単です。

 

ですが、有名なビジュアル系バンドは

とっかかりやすく、見かける事も多いのですが、

仕入れはしずらいのが現状です。

 

昔からいるビジュアル系バンドは回転率が高いですが

中古店舗での仕入れ価格が高めです。

 

なので、ビジュアル系バンドを

効率的に攻略するには、

仕入れが出来ない商品を

覚えていく方が

効率が良いです。

 

例えば、

・シド

index

 

 

 

 

・ピエロ

20120110_2372385

 

 

 

 

 

 

 

 

・DIR EN GREY

images

 

 

 

 

 

 

などは、店舗ではよく見かけますが

現状ほとんど仕入れが出来ない状態です。

 

なので、これらのアーティストを見かけたら

とりあえず、後回しにした方が、

時間効率が良いです。

 

じゃあ、どういった

ビジュアル系バンドが狙い目なのかというと

「インディーズ系」です

 

最近はすっかり有名になりましたが、

ゴールデンボンバーなどもそうですね。

彼らは大手メーカーに所属しておらず、

今でも、インディーズバンドです。

 

なぜ、インディーズバンドが狙い目なのかというと、

①仕入れ価格が安い

②ニッチな分野

ということです。

 

①の仕入れ価格が安いというのは、

メジャーじゃないと、世の中に人に知れ渡りずらいので、

需要が低いんです。

売れないんです。

だから、価格を下げるんです。

 

でも、メジャーになれば、

多くの人が、そのバンドを知る事になります。

すると、需要が高くなり、

多くの人が購入することになるので、

値段が高騰していくんですね♪

 

②私が中学生だった時にビジュアル系バンドは

もの凄い流行しました。

現に私も、ビジュアル系バンドが好きでした。

 

有名なのが、SHAZNAとかですかね。

彼らが、初回限定盤の先駆けだったような気がします。

当時は値段が高騰していましたね。

 

ですが、今やすっかりマニアックな分野になってしまいました。

だからこそ、濃いファンがいて

高値がつく商品も多いです。

 

あとは、あくまで目安程度ですが、

現状仕入れが出来るバンドに多いのが、

3文字以内の短いバンド名です。

 

理由は全くありませんが

何故か、共通しているので、

バンド名を覚える時に役立てて下さいね♪

 

ビジュアル系インディーズバンドを

仕入れる時には特徴があり、

バーコードサーチをする時に

規格番号があっても

Amazonの検索結果に表示されないことがよくあります。

 

ですが、Amazonに

直接手入力をして検索すると

指定商品が表示されます。

 

なので、気をつけて欲しいのが

携帯サーチで検索して、表示されなくても

無視するのではなく、

タイトル名で検索しなおしてみて下さい。

 

そういった商品は値段が高い場合も

割と多いので、ここには時間をかけてみて下さい^^

 

仕入れしやすいアーティストのまとめは

無料レポートで作成しようと思っていますので

お楽しみに♪

完成したらご報告いたします^^

一緒に読むことで、より知識が深まります。