仕入れ方法は千差万別

 original

 

自分に合った仕入れ方法

 

 

ご自身が置かれた状況によって

仕入れ方法を変わってきます。

 

 

何しろ近所にブックオフやハードオフ、

ゲオ、ツタヤ、

終いにはヤマダ電機とビッグカメラがある、

せどりや転売をしている人間には

パラダイスのようなところに住んでいる方もいれば、

お店すらまともにないところに

居住されている方もおられます。

 

 

毎日行くことができる仕入先が複数ある方なら

仕入れに不自由しないかもしれませんが、

ライバルが出現すると

競争が激しくなってしまうことはよくあることです。

 

 

実店舗の仕入れ先は急には増やせませんが、

せどりや転売のライバルが増える可能性は

高いですので。

 

 

ただ近くに仕入先が無いからと言って

悲観することはありません。

現在はネットで仕入れができる便利な時代ですから。

 

 

ネットショップ、卸サイト、そしてオークションと、

仕入れ先は探せば無数にあります。

 

逆にあり過ぎて良い仕入れ先を

見つけるのが一苦労ですが。

 

 

ネットで「この商品は鉄板」という情報に

気づいてから商品の仕入れ先を探しても、

商機を逃し価格暴落の波に飲み込まれるのが

オチですので、

自分で儲かる商品をリサーチする

「情報収集能力」を備えなければいけない

時代が到来しているのかもしれませんね。

 

 

もちろんただ商品をリサーチする能力だけでなく、

適切に早く検索する力も備えなければいけないでしょう。

 

 

得意ジャンルに特化すべき?

 

 

いろいろな意見があると思いますが、

今からせどりや転売を始めるために商品知識を

記憶するなら、できる限り、

特定のジャンルに特化すべきでしょう。

 

 

知識が漫然としている状態で仕入れに行っても、

適切な商品が目の前にあっても

気づかないかもしれませんので。

 

 

本棚すべての書籍をリサーチするという

猛者でしたら知識が無くても

スマホとアプリで何とかなるかもしれませんが。

 

 

本は莫大な種類があるので、

いちいち商品知識を覚えていたのでは

何時まで経っても仕入れができないことでしょう。

 

 

その点、DVDやテレビゲームでしたら、

売れすぎ商品は限られますので、

それの知識を習得すれば

スムーズに仕入れができるようになるはずです。

 

 

CDでしたら、

売れやすいアーティスト名だけでも覚えておけば

最低限の仕入れはできます。

 

 

ただバーコードを読み込んで

価格を調べるような方法は

いつまでたっても成長できないかもしれません。

 

 

それにアプリに頼り過ぎていると、

それが無くなった時に最初からノウハウを

覚えなければいけませんので。

 

 

安い商品を見つけたが、

その商品の知識が無い時、

どうして安いのか考える癖が付いていれば、

Amazonに出しても赤字になるだけの

地雷商品を仕入れる可能性が低くなります。

 

 

また逆にこの考える癖がついていると

高額で売れる商品を見つけることも

容易になります。

経験や感というものは馬鹿にはできません。

 

 

地道な努力はきっと実を結びます。

 

 

 

また個人的な話ですが、

私は立地上仕入れ先に恵まれず、

特定ジャンルに特化することができませんので、

商品を見て何か感じたら

リサーチするようにしています。

 

 

特定ジャンルに特化しなければ、

近所のドラッグストアやディスカウントストアだって

宝の宝庫です。

 

こういうところで広く浅く仕入れをしてみるのも

いいかもしれませんね。

 

 

中古の本やDVDはどうしても

自分の興味に引きずられがちです。

 

 

一度どんな作品か確かめたいという欲求が出て、

仕入れても自分でまず読んだり見たりする

傾向にありますので

出品が遅れることが間々あります。

困ったものです。

 

一緒に読むことで、より知識が深まります。