圧倒的なシェアを持つAmazonの魅力

images (5)

日本人の巨大ショッピングモールのAmazon

Amazonと言ったら「古本」を購入するところ というのが一般人の共通認識でしたが、 現在は書籍だけでなく、 家電から衣類、食料品などまで、 無いものは無いと思えてしまうような品ぞろえ を誇っています。    

書籍以外の買い物をAmazonで済ましてしまう という方も多いと思います。郊外のショッピングモールに出かける 時間や交通費を考慮すると、 地元にあるストアを利用するより Amazonで買った方がだいぶん節約なるはずです (地域のことを考えるなら できるだけ地元のストアを 利用してもらいたいところですが)。

開催されているAmazonのセミナーを 見てみると、 数字からAmazonが 巨大マーケットになっていることを確認できます。        

Amazonのサイト群へのアクセス人数と総数        

2012年5月だけで、 アクセス人数4800万人、PV24,8億回 を超えたと公表しています。        

市場別のAmazonのシェア率

2011年の場合Amazonのマーケットプレイスは、 古本市場でシェアおよそ20%、 ミュージック市場で15%を獲得 しているようです (Amazon直販の30%はマーケットプレイス)。        

またDVD市場の置いては 35%のシェア率を獲得しています(Amazon直販の20%程度がマーケットプレイス)。 BDになるとシェア50%をAmazonが占めています。        

個人的な見解を述べさせてもらうと、 ミュージックやDVDの市場でマーケットプレイス経由の 割合が思ったよりも低いと感じました。    

これらの商品ページを見てみると たくさんの出品者の方がおられるので。ただ米国AmazonCFOのトム・スク―タック氏は、

「直近の四半期でAmazonを通して 販売されたもののうち、 およそ39%は外部の出品者が販売したものである」

という趣旨の発言をして、 Amazonは近い将来小売りからモール運営に 特化するのではないかという認識 が広がるぐらいですから、 日本の数字が極端に低いという訳ではないのでしょう。        

仮にAmazonが小売りを放棄した場合、 マーケットプレイスに出品している我々は、 Amazonとの価格競争から 抜け出すことになりますけど、 どのような商品が売れやすいのかのデータは すべてAmazonのコンピューターに 蓄積されているのですから、 実際のところAmazonが小売りを放棄するというのは 楽観的に見過ぎであると言わざるを得ません。    

ただ売れにくい一部の商品は放棄して、 そちらはマーケットプレイスにすべて任せる という戦略を立てるかもしれませんけど。        

自分が出品している商品が売れだした途端、 Amazonが大量買い付けで 安価な値段で販売を始めることと、 Amazon自体の業績が好調なのに、 少しずつ手数料を高くしていくのは 止めてほしいと思います。

Amazonの企業理念というのは、

『地球上で最も豊富な品揃え』『地球上で最もお客様を大切にする企業であること』

です。

魅力的で圧倒的なシェアを持つAmazonに マーケットプレイス経由で商品を出品しているのですから、 Amazonの企業理念を頭に入れて、 Amazonが求めている出品者像に近づくことが、 長く出品する秘訣になるかもしれませんね。 それで利益が確保できるかどうかは別ですけど。