「こちらからも買えますよ」ボックスとは?

 

 

「こちらからも買えますよ」ボックスは、

カート獲得資格を保持している商品が

詳細ページに表示されるもので、

お客様の目に付きやすくなっています。

 

 

このボックスは、価格、在庫状況などいくつかの

条件の組み合わせから、

最適な出品者と判断された出品者の

商品情報が表示される仕組みになっています。

また同時にリンクが出品商品一覧ページに

張られています。

 

 

出品商品一覧ページには、

ショッピングカートをゲットしていない出品者の商品も

すべて表示されるようになっています。

 

 

「こちらからも買えますよ」ボックスに表示される

のはあくまでショッピングカートをゲットできる

資格を得ている出品者だけですので、

資格を得る必要があります。

 

 

カートボックス獲得資格を保持している

出品者の中から商品が表示される

と書きましたが、

その中にはAmazonも含まれるのです。

ただし在庫がある場合ですけど。

 

 

これはAmazon以外から買いたくないという

お客様への配慮らしいですけど、

最安値とかなり価格差がある場合でも表示されるようです。

 

 

例えば、定価10000円ほどの商品が、

Amazonが900円強で販売する場合もあります。

その場合、900円前半を付けた出品者は

カートボックスに表示される可能性が高いですけど、

1500円以上を付けている出品者は、

Amazonの価格と比較してカートボックスに

表示されるのは正直厳しいと言わざるを得ません。

 

 

個人的に、もし自分が1500円を付けている出品者で、

次に安い価格が2000円の場合は、

自分で900円前半の商品をまとめて購入し、

1800円ぐらいの値段設定にした上で

カートを獲得するという方法を取るかもしれませんね。

 

 

なお、出品者が「こちらからも買えますよ」ボックスに

表示されると書きましたが、

表示されるのは複数名の場合もあります。

 

 

それはカートをゲットしている出品者が

少数の場合で、表示がゼロの商品も当然存在するのです。

 

shoppingcart-200x200

 

 

 

 

 

 

 

では逆にカート資格をゲットしている出品者が

多い場合はどうなるのでしょう。

 

「こちらからも買えますよ」ボックスに入れるくらいの

価格にするとカートをゲットできるという

趣旨の話を以前しましたが、

競争が激しい商品の場合、

1円刻みぐらいの僅差に10人以上の出品者が

しのぎを削っているときがあります。

 

 

ちなみにこの時「こちらからも買えますよ」ボックスに

表示されている出品者より

高い価格設定をしたことがあったのですが、

その時もカートをしっかりゲットできました。

 

 

このことから考えるに、

価格差があまりない領域に多くの出品者が

出品している場合は、

安値を付けたからといってカートをゲット出来る

訳ではないことがわかります。

「こちらからも買えますよ」ボックスは何度も更新される間に、

値段以外のことも参考して表示を入れ替えているようです。