頭に入れておきたい月商、月収、月利益の違い

 original (1)

 

せどりや転売をする場合は月商、月収、月利益にご注意を

 

 

無料レポートや情報商材を扱っている人たちは、

なぜか水増しした数字を見せたがる

傾向にあります。

もちろん全員がそうだとは言いませんけど。

 

 

中でも最大派閥は数字が一番大きくなる売上を強調する派です。

 

 

一例をあげてみますと、

今月売上が300万円だったと証拠の画像を

これでもかと見せつけてくる人がいます。

 

 

確かに300万円という売上は

驚異的と言えるでしょう。

 

 

でも商品の仕入れなどで300万円以上

経費が掛かっていれば当然利益はゼロ、

赤字なのです。

 

 

数百万単位の売り上げを維持している人は

たいてい高額な商品を扱っていますので、

そのぶん仕入れの費用も桁が違います。

 

 

だから思ったより利益が出ていないことが

多かったりします。

 

 

流石にセラーID晒すようなうっかりさんは

いませんので、

稼いでいることを知らしめたいのなら

画像加工して誤魔化す方が簡単なんですけどね。

 

 

たぶんそんなことができない人が多いのでしょう。

高級商品を商って売上が出ていることを見せたい人は。

 

 

次に数が多いのは、売上より月利益の方が重要です派。

 

 

この派閥の人たちは、Amazonでの売上から

Amazonの手数料だけを引いて

残りの金額を強調します。

 

 

「Amazonの手数料を引いても、

こんな莫大なお金を手に入れてますよ」と

言いたのでしょうけど、

前述した最大派閥と同じで、

仕入れにどれだけかかっているのかわからなければ、

実際本当に利益が出ているのか確かめようがありません。

 

 

最後は私の月収は○○円です派。

 

 

お給料をもらっているサラリーマンでいうと、

たぶん給与の多寡で表現しようとしている

のだと思いますが、

あまりに高額の場合はAmazonから口座に振り込まれる

額をそのまま言っている場合が多いです。

 

 

本当か虚偽かは、

その方の取り扱っている商品の金額や

数量を把握できれば、

だいたいわかることでしょう。

 

 

以上のように、

いくら稼いでいるのかを表現するにも

様々な方法があります。

 

 

自分がすごい人だと思いこませることで、

たくさんの人を心理的な影響下に置きたい

のかもしれませんから、

ある意味涙ぐましい努力をしていると

言えなくもありません。

 

 

私の場合、一定程度資金が貯まるまでは、

原則出た利益はすべて次の月の仕入れに回していましたので、

月収はゼロでした。

月利は5万円でしたけど。

 

 

最初10万円から始めて、

最初の月はカード決済などは一切利用しませんでしたから、

仕方ありません。

 

 

最初からスムーズに進みましたので、

仕入れ資金の1,5倍弱のペースで

資金が貯まっていきました。

 

 

ある程度資金が貯まってきたら仕入れ単価を

上げていった方が、

煩わしさが無くなっていいかもしれません。

 

 

無料レポートなどが言うところの商品の価格差

 

 

無料レポート作成者がよくやる手段ですが、

レポートには商品のキャプチャ画像と一緒に、

仕入れ価格と販売価格が大きいフォントで載っている

ことが多いと思います。

 

 

おそらくこれも価格差が大きいことをアピールして

自分を大きく見せるためにやっていると推測されます。

 

 

例えばAmazonとヤフオクを利用していたとしましょう。

Amazonに出品すれば10000円で売れる

アニメDVDをヤフオクで7000円という安値で落札できた

という画像が無料レポートに貼られています。

 

 

一瞬差額が3000円もあるので、

すごい利益が出て羨ましいと思うかもしれません。

でもちょっと待ってください。

これには経費が全く含まれていません。

では経費を入れるとどうなるのでしょう。

 

 

もし10000円で売れるのならば、

DVDの販売手数料が1500円、

カテゴリー手数料が140円、

FBA手数料が160円掛かりますから、

それを10000円から引くと8200円となります。

 

 

一方ヤフオクにおいて7000円で落札したのならば、

配送料(ヤフオクの場合は

落札者負担の場合が多いです)1000円と

振込手数料150円を上乗せ無ければいけませんので、

合計8150円となります。

 

 

この経費を含めた金額の差は50円。

ざっと計算してこの50円が利益なのです。

 

 

もちろんメール便などを使えば

配送料をもっと安くできるかもしれませんし、

振込手数料が無料になるネット銀行間の

振り込みもありますから、

工夫次第では経費を抑えることも可能です。

 

 

それらを元に再計算したら

差額1040円ぐらいまでは

もっていけるかもしれません。

 

 

※本当はこれにFBA利用のため、

Amazonの倉庫に送る経費を入れなきゃいませんので、

利益がその分マイナスになります。

 

 

以上の話はすぐに売れることを前提にしています。

Amazonのランキングが高い商品なら

この話のように行くかもしれませんが、

ランキングが低い場合は、

これにFBA保管料などを別途考えなければいけません。

 

 

このように無料レポートでは、

さも大きな利益が見込めるように紹介していますが、

実際のところ詳細に検討してみたら

思ったより稼いでいない場合が少なくないのです。

 

 

仮に前述の例でヤフオクでは無く、

自宅近くの実店舗で同じく7000円で仕入れたとしても、

見込める利益は1200円がやっとでしょう。

もちろん納品費用や交通費を考えなければの話ですけど。

 

 

スマホ用のアプリなどで価格をリサーチした結果、

売値予想10000円、仕入れ値7000円という金額だけで

大量に仕入れる人がいますが、

Amazonの定数料は甘くはありません。

 

 

価格差のある商品=儲かる商品だと思い込んで

仕入れても、絶対に売れるかどうかなんてわかりません。

100%売れるものなんてそうありませんから。

 

 

AmazonのFBAシミュレーターβを用いれば、

ネット仕入れの場合、

おおまかな金額をすばやく把握できますから役立ちます。

 

 

実店舗で仕入れるなら、

経費までを計算できるように頭をトレーニングしておくか、

経費まで計算できるアプリを必ず使うようにしましょう。

 

 

頭を使う場合、自分の得意ジャンルの販売手数料を

記憶しておけば、

「15%のジャンルだから、FBA手数料込で

Amazon価格×0,8程度」という具合に

すぐに計算完了します。

これなら形態の電卓機能をいちいち使う必要はありません。

 

 

箱入り商品だったら、

納品から保管量まで含めたFBA手数料は

割高ですので、×0,75ぐらいにしておくなど、

自分なりの基準を決めておけばさらに役立つことでしょう。