真っ先にリサーチすべきもの

 images

 

リサーチは必要です

 

 

せどりや転売されている方は、

何よりも先に商品のリサーチから

始めるのが普通ですよね。

 

 

でも私はまずどのように出品されているかを

勉強するため、

ライバルとなる出品者のリサーチを

真っ先に行いました。

 

 

ここで言う出品者をリサーチするとは、

外国の商品の輸入業者がよく行う

並行輸入商品を出品しているセラーを

調査するのとは異なっています。

 

 

Amazonの場合、

商品ページから出品者を調査しても、

わかるのはせいぜいどれくらいの数の商品を

出品しているかぐらいです。

 

 

私としては、

その出品者がどれくらいの収益を上げているのか

という情報を入手したかったのです。

 

 

そこで思い付いたのは、

せどりや転売で情報を公開している人の中で、

「月平均数百万規模の収益をあげている方」

をネットで洗いざらい調査していく

という方法です。

 

 

日本人はとかくお金の話題を隠したがるもの

という先入観があったのですけど、

ちょっと調べただけでいるわいるわ、

すごい数の人が公開しているのがわかって

驚きました。

 

 

せどり塾を名乗って教えることを

生業にしている人もおられましたが。

 

 

ただ情報を公開している人は

既に売れたものを公開することはあっても、

今出品しているものを公開する人は

ほとんどいませんから、

そこをリサーチするのは苦労しました。

 

 

それでもめげずにリサーチした結果、

新品だけを販売する人、

実店舗から仕入れをする人、

ネット仕入れに力を入れている人などを選別、

得意ジャンルや出品総数、

Amazonでの評価などの情報を

一つ一つ丹念に調べて、

その結果どれくらいの規模で行えば

どれくらいのリターンになるかを

おおよそ把握できました。

 

 

集めた情報を見て思ったことですけど、

やはりたくさん稼いでいる人は

出品総数も多くなる傾向にあります。

 

 

あとネット仕入れに力を入れている人の

利益率は低い感じです。

それを出品数で補っているみたいです。

外に出る必要が無い分、

時間と資本が無いと

軌道に乗せるまでが大変そうです。

 

 

また最低価格維持に力を入れて、

商品の回転率で稼いで行く出品者が

いると思うと、

安易に最安値を狙わず高価格商品で

デカく儲ける出品者もおられます。

 

 

出品者ごとに自分のポリシーなり

戦略を持っていて、

それに沿って稼いでいるのがわかりました。

 

 

たぶん○○塾とか情報商材に

お金を出すよりも

下手をすると有意義かもしれません

(もちろん自分の出品IDを含む

すべての情報を公開して、

それをテキストにせどりや転売を教授する

ような塾や情報商材があるのなら、

そっちの方が有意義だと思いますけど)。

 

 

ちなみに参考になりそうな出品者を探して、

全く同じ仕入れ、全く同じ販売方法で

行うのはお勧めできません。

 

 

なぜならそれをやっていると

自分の成長が全然ないからです。

あくまでどんな方法があるのかを知り、

自分の方法を作っていく

参考にとどめるべきです。

 

 

諸先輩方の情報を見て、

考え方を手本にしたいと思えるような方の

情報を見ていると、

自然と自分のやる気が出てくるはずです。

 

 

でも手広くやるには

先だつものが必要でしょうね。

 

 

莫大な収益を上げている方はそれだけ

資本を投下しています。

 

 

小資金ぐらいでは間に合いません。

 

 

回転率がそれなりに良くないと

すぐに資金がショートしそうです。

 

 

せどりや転売方法の教授を生業にしている

人の中には、

自分の得意ジャンルを公開していない

ケースが結構ありますので、

情報を鵜呑みにし過ぎないようにしましょう。

 

 

CDやDVDのせどりや転売を教授しているのに、

その人の売上画像を見ていると

単価数十万円の商品を販売していることだって

ありますから。

 

 

一緒に読むことで、より知識が深まります。