出品者の憧れ Amazonのカートボックスを奪取するには?

 

ショッピングカートを獲得するための最低限の条件

 

一定条件をクリアしている大口出品者に

付与されるのがショッピングカート獲得資格です。

 

これさえあれば、商品詳細ページに設置されている

「ショッピングカートボックス」だけでなく、

「こちらからも買えますよ」ボックス内にも

優先的に表示される可能性が高くなり、

他の出品者よりAmazonのウェブサイト上で

優位に販売できる環境を得られるのです。

だからこそカートボックス資格を狙うのです。

 

 

※「大口出品者」であること。

 

これがAmazonが発表している前提条件なのですけど、

「小口出品者・FBA利用」の方もカートボックスを

獲得できたことがあるそうです。

ですから大口出品者で無くてもカートボックスを

獲得できる可能性はありますが、

大口出品者でなければビジネスレポートを

利用できませんので、

やはりカートボックスを重要視するなら

大口出品者になっておく方が良いでしょう。

 

 

※ちなみに新規評価であってもカートボックスを

獲得することはできるようです。

たとえ評価の絶対数が少なかったり、

低い評価がある場合でも諦めないようにしましょう。

60%台(総評価30/悪い10)の評価であっても

カートボックスを獲得できるのを確認しました。

 

568

 

 

 

 

 

 

 

 

気になるショッピングカートを獲得する要件は?

 

箇条書きにすると次にようになります。

 

 一 出品した商品の注文不良率

 二 その他の出品者のパフォーマンスの指標

 三 商品価格、商品の配送方法、発送の早さ

 四 Amazon上で行った取引の数と出品している長さ

 五 大口出品登録しているか否か

 

 

※注文不良率については、

マーケットプレイス保証やチャージバックの

申請率のパーセンテージや実際に商品を購入された方の

評価を元に計算します。

 

 

資格を獲得できたか調べるには?

 

 出品している商品の状況を小まめにチェックすれば、

カテゴリーごとの資格を確認できます。

そのカテゴリーにおいてショッピングカートボックスを

確認できたり、「こちらからも買えますよ」ボックス内に

自分が出品している商品を確認できたときは、

そのカテゴリーにおけるショッピングカート獲得資格

をゲットしたと言えます。

 

 

※ここまでがAmazonがサイト上で公開している

資格獲得するための要件です。

ビジネスレポートでカート獲得率の欄を参照すれば、

資格の有無について容易に確認できるでしょう。

 

 

前述した、二 その他の出品者のパフォーマンスの指標に

ついては、私たちは手も足も出せませんが、

他の4つについては自分の行動次第で

何とかできます。

例えば三 商品の発送方法や発送の早さについては

FBA登録さえすればすぐにでも改善でき、

その後も良い状態を維持することが可能です。

 

 

一緒に読むことで、より知識が深まります。