CSSはどこに書くのか

大きく分けて3つのやり方があります。

1つは

head要素の中にスタイルシートを

外部ファイルとして指定する方法です。

書き方は

<link rel=”stylesheet” href=”mycss.css”>

になります。

 

2つ目は

styleタグを作って

直接のその中に書いていく方法です。

例えば

<style>

h1{color: red;}

</style>

になります。

 

3つ目の方法は

HTMLの要素にstyle属性をつけて

そこに直接書いてしまいます。

例えば

<body>

<h1>大見出し</h1>

<p style=”color:red”>こんにちは!</p>

</body>

になります。

 

外部ファイルに指定して書き出す方法では

拡張子を.cssにしておいて下さい。

文字コードは最近は

UTF-8なので、UTF-8で保存しておいて下さい。

 

保存したら、正しく表示されているか確認しておいて下さい。