サイトアフィリエイト戦略(SEO対策)について、箇条書きでまとめていきます。

SEO対策

SEO対策に100%完璧はないため、80%位で大丈夫だと思うことが大切です。

(理由はグーグルが仕様を変更させるから)

内部SEO対策と外部SEO対策がある。

検索順位の基準

内部要因

・サイトボリューム(ページ数・ページの質)

・HTMLソースの適正化(ソースの軽さ・クローラー速度)

・更新頻度(サイト更新・記事更新)

・運営歴(ドメイン年数・サイト運営歴)

・内部リンク構成(記事同士のリンク)

外部要因

・被リンク数(外部リンクの数)

・被リンクの質(いつ・どこで・どのような外部リンク)

内部SEO対策

・ブログタイトル

・サイトタイトル

・記事タイトル

上記が重要

重要なキーワードは左側に持ってくること

複合キーワードを狙うこと

オリジナルコンテンツを書くことが重要

→オリジナルコンテンツの書き方として、自分の体験談や感想など自分の言葉で書くことでOK

特に運営者が意識する指標は以下が重要

・ページビュー

・滞在時間

・更新頻度

動画を導入したり、文字数や記事数を増やすことで改善の可能性があります。

記事の改善や修正も効果的です。

外部SEO対策

被リンクやバックリンクがどれだけ送られるかがポイント

バックリンクの送り方

・記事から送る

・サイドバーから送る

・相互リンクで送る

・ソーシャルブックマークに登録して送る

アンカーテキストでバックリンクを送ると効果が高いとされる

アンカーテキストはテキストの表示を変え分散させること

1ブログのサイドバーにバックリンクは3~5本までにする

相互リンク集からのバックリンクは10本までにする

個別記事にバックリンクを送ること

バックリンク元も分散させること

Ping送信すること

バックリンクを送る頻度は、1日1~5本

一気に送ってもいいが、圏外に飛ばされる可能性も上がる

ソーシャルブックマークサイト

ソーシャルブックマークサイトを利用して、リンクを送る方法があります。

ソーシャルブックマークには以下のようなものがあります。

はてなブックマーク http://b.hatena.ne.jp/

Yahooブックマーク http://bookmarks.yahoo.co.jp/all

NAVERまとめ http://matome.naver.jp/

Delicious https://delicious.com/

Diigo https://www.diigo.com/

CoRich http://www.corich.jp/

バックリンク構造

第3階層にする

①メインサイト

②バックリンクサイト

③バックリンクサイトへのバックリンクサイト

ランダムクロスリンクを使うのもありです。

③バックリンクサイトを相互にランダムでクロスリンクします。

ウェブマスターツールに登録

Googleウェブマスターツールを利用しましょう。

https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url?continue=/addurl

検索結果の関連性

表示スピード

ユーザーエクスペリエンス

サイトクオリティ

上記のことが分かります。

タイトルタグの決め方

・キーワードを入れる

・全角32文字以内

・クリックされやすいタイトル

meta description(メタディスクリプション)の決め方

・120文字以内

・キーワードを入れた要約文章にする

meta keywords(メタキーワード)の決め方

・キーワード3~5個まで

見出しタグの決め方

見出しタグ(<h〇>~</h〇>)は<h1>のみキーワードを意識。

他はコンテンツの要点を伝える

記事で使うHTMLタグ

文章の段落分けは<p>~</p>

文章を改行する時は<br />

<strong>強調したいキーワードに使う</strong>

<b>装飾的な太字として使う</b>

リストタグ(<ul>~</ul> <ol>~</ol>)は文章を箇条書きするときに使う

<ul>
<li>リスト1<li>
<li>リスト2<li>
<li>リスト3<li>
</ul>

<ol>
<li>リスト1<li>
<li>リスト2<li>
<li>リスト3<li>
</ol>

リンクの貼り方

リンクタグ<a href=“リンク先のURL”>例:アンカーテキスト</a>

ダメなリンクの例: こちらがオススメです

良いリンクの例 : サイトアフィリエイトの基礎が学べるサイトはこちら

画像タグ<img src=“画像ファイルのURL” alt=“画像の内容” />

HTML文法が正しいから、上位表示されるわけではないが、評価が高いことに越したことはない

W3C http://validator.w3.org/

Another HTML http://www.htmllint.net/html-lint/htmllint.html

トップページからの被リンクが一番効果が高い

1記事中から1被リンク

トップページだけではなく個別ページにもリンクを送ること

nofollowタグはリンク先を評価しない

rel=”nofollow”

良質なコンテンツの定義

・読みやすい文章

文法間違いや誤字脱字をなくす。画像だけでなく文字も書く。

・テーマごとに整理

見やすいレイアウトにする。

コンテンツが多い場合、カテゴリーで分ける

・オリジナルコンテンツ

コピーの禁止、自分の意見を取り入れる。

・ユーザー向けコンテンツ

無意味なキーワードの羅列の禁止。

隠しテキストやリンクは禁止

注意点

ドメイン取得後3ヶ月はエイジングフィルタがあるので、寝かせる

3ヶ月後から記事を更新していく

6ヶ月以降はゆっくり更新していって構わない

サイトの平均滞在時間と直帰率は重要

内部リンクにnofollowタグは不要

内部リンクも発リンクとしてカウントされる

1ドメイン2ページの原則

日本語ドメインが効果的

→太字で表示されるため

検索キーワードとドメインが完全一致した時にだけ、日本語ドメインを高く評価する

中古ドメイン

オールドドメインの効果は高い

ブラックリストチェック(変なリンクがどうか調べるため)

Aguse.jp http://www.aguse.jp/

過去のサイトの運営状況をチェック

Wayback Machine http://archive.org/web/web.php

バックリンクチェックは数よりも質を重視

被リンク・インデックス数チェックツール http://www.landingpageoptimization.jp/hirinku/

RSSリーダー

http://my.yahoo.co.jp/

http://reader.livedoor.com/

http://www.google.co.jp/webhp?nord=1&gws_rd=cr&ei=nN6FVf6CH8HZmAWL24HwBg

SNSの活用法

Twitterのツイート数やFacebookの「いいね」も検索順位に影響します。

自作自演も可能です。

一緒に読むことで、より知識が深まります。