ソフトバンク、アローラ副社長

 

6月21日、ソフトバンクグループの孫正義社長は、自身で経営継続することを発表した。

当初は、副社長のニケシュ・アローラ氏が引き継ぐ予定となっていたが、退任することを発表した。

ソフトバンクグループ<9984.T>は社長交代時期をめぐり孫正義社長の意思が変わったため、22日の任期満了に伴い退任することになった。

すなわち孫社長の後継者選びは白紙の状態に戻ったわけだ。

 

ソフトバンクは退任の理由について、孫社長は「当初は60歳の誕生日に経営を引き継いでもらおうと考えていた」が、ここ1年で自身が経営を退くことが急にさびしく感じたと語った。

ソフトバンク2.0やスプリント<S.N>の再建などに取り組むには「少なくともあと5年から10年は(自身が)社長として率いていく必要がある」とも熱弁した。

「この間ずっとニケシュを、トップになるまで待たせてはいけないと考え、ニケシュと話し合い、顧問の立場で引き続き貢献してもらうことになった」と語り、今回の退任劇については、円満解決していることを伝えた。

アローラ氏は7月1日付で、同社の顧問に就任する。

 

アローラ氏は米グーグル<GOOGL.O>最高事業責任者から2014年9月にソフトバンクに移籍した。

ソフトバンクからの初年度の報酬が移籍金を含め165億円であったことも話題になった。

ソフトバンクは、現在、インドのインターネット通販大手スナップディールやタクシー配車アプリのオラなどへの出資を行っている。

また、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>やフィンランドのスマートフォン向けゲーム会社スーパーセルの株売却を行うなどポートフォリオも検討している。

また、スマホゲーム事業スーパーセルについては、時代の変換期にうまく購入することが出来た。

スマホ化が進んだ現在では、売却の時期に来たと語っていた。