やりたいことを見つける方法

今の現代人の悩みの多くは、「やりたいことが見つからない」ということで悩んでいます。この悩みは、やりたいことが沢山ある人には理解ができないのですが、中には深刻に悩んでいる人もいるのです。

夢や目標がないので、何を目指していいのかがわからないのです。とくに物質面が恵まれれば恵まれるほど、「やりたいこと」を見つけることに対して深刻になっていきます。

ただ「やりたいこと」というのは、理屈で見つかることではないのです。あなたの心から感じることであるので、他の人のアドバイスや知識では見つかりません。

ここでは「やりたいことを見つける」コツを教えていきます。

 

真面目に、真剣に探そうしない

日本人は基本的に真面目なので、「やりたいことがわからない」ことに対して深刻になっています。深刻になったり、真剣になっているとかえって見つからないのです。なぜなら、さらに見えなくなるからです。

まずは、「やりたいことがわからない」あなた自身のありのままを受け入れて、「今はまだわからなくてもいい」という許可を、あなた自身に与えてください。

できる限り力を抜いて、気軽に「これかな、あれかな」と、気が向いたときに探す程度でもいいのです。人は一度でも求めたことは、すぐに答えが見つからなくでも、ある瞬間に答えが見つかるので、力を抜いて、求めていくようにしてみてください。

真面目に、真剣に探そうしない

 

ちょっとでも気になったことはやってみる

やりたいことというのは、最初から強烈に「やりたい」と感じてはいないのです。ちょっと興味がある、ちょっと気になる程度のことを始めてみることで、続けられたり、飽きてしまったりするのです。

何気なく始めたこと、気軽に始めたことが、やりたいことになる場合もあるのです。「見つける」ということでもありますが、やってみて「見つかる」ということなのです。

いくら知識を学んでも、情報をかき集めても、やりたいことは見つかりません。それよりは、ちょっとでも気になったことを、やった方が早く見つかります。

キャプチャ

 

まとめ

あなたが「やりたいこと」というのは、あなた自身にしかわからないので、自分で見つけるしかないのですが、「気軽に探す」ということと、「ちょっとでも気になったことをやってみる」を繰り返していけば、自然に見つかります。

人によって時間がかかる場合がありますが、長い時間をかけて見つかったことは、長い時間できるようにもなるので、すぐに見つからなくても焦る必要はありません。つまり、寿命が長いので、生涯をかけて、できるようなことが見つかるということです。