にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 

インターネットビジネススクールの

募集定員は1000名との発表がありました。

 

4月8日午前5時から

『IBS入学願書受付』が開始されます。

 

そこで、今回届いたメールを見ていただきたいのですが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※以下、引用

一人一人のサポートを密に

行っていきたいと考えているので

募集定員は1000名に

限らせていただいております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということです。

う~~~ん。

分からない。笑

 

だって、2500名の応募があったのに

1000名しか入学出来ませんというのは、

 

経営する側としては、

利益をドブに捨てるようなものですよね。

それって、考えづらいです。

 

しかも1000名って微妙な数字ですよね。

本当に密なサポートになるんでしょうか?

むしろ、一番中途半端な気がします。

 

なぜなら、サポートする陣営も

そもそも、そんなに多くないはずだからです。

 

本当にサポートを充実させるのであれば

もっと少人数に限定すべきだと思います。

 

他にも色々と問題が発生しますよね。

 

例えば、講師陣の給料の問題です。

固定給なのか歩合給なのか分かりませんが、

 

仮に、普通の学校と同じで給料が固定だった場合、

1000人の参加者を

30名の講師陣で分けたとします。

 

講師1人30名程度受け持つことになります。

入学費が今現在は258000円なので、

30名で、7740000円

 

その内、運営費として、3割を計上したとしましょう。

すると、2322000円です。

 

実際どうかは分かりませんが、例えば、運営側の利益を2割としましょうか。

1548000円です。

残りの金額を講師陣の利益としましょうか。

すると、

3870000円です。

 

こう見ると、おいしいように見えますが

期間は3か月です。

なので、

月収1290000円になります。

あ~。そう考えたら、やっぱりおいしいか。笑

 

いや、でも、

トップの講師陣達は、月収100万以上は余裕で超えているはずなので、

多分、人によっては2,300万はある人も全然いると思うので、

割に合わない人だっているはずです。

 

あと、考えられるのは、そういった講師陣の人が

個別コンサルをした場合、

支払う報酬が、数十万もしくは、数百万単位になると思うんですよね。

 

そしたら、やっぱり目先の利益で考えた場合は

割に合わないわけです。

 

個人で、活動していった方が利益になると思うわけです。

もちろん、今後教え子達が自分の顧客になってくれたり、

ビジネスパートナーとしてジョイントすることも計算に考えると、

おいしいわけですが。。。

 

でも、それは個人コンサルなどする場合も一緒なので、変わらないと思います。

なので、今回の1000名という数字は不思議ではありますが、

この点についても、もう少し考察していきたいなと考えています。

 

 

■質問・ご意見は、

https://ssl.form-mailer.jp/fms/6b44720f236192

までお願いします。

 

■無料メルマガ配信中

ブログでは言えない裏情報・裏動画を配信しています

「登録・解除」ともに簡単操作です^^

 

登録  解除
*メールアドレス
名前