書評レビューの書き方について、説明していきます。

今回は書評レビューがテーマになっていますが、この書評レビューの書き方は想起方法としても非常に使えるものとなっています。

従って、読書した内容を記憶するのに効率が良いものとなっています。

まさに1石2鳥です。

では説明していきます。

読書理由

著者の情報

書籍の結論

重要ポイント

理由と具体例

まとめ

読書のメリット

読まない方が良い人

読んだ方が良い人

基本的には上記の順番で書いていきましょう。

読書理由

まずは読書理由について書きましょう。

なぜ、その本を読むことになったのか、どうして興味を持ったのか、どうして購入したのか、その理由を書きましょう。

読書理由を書くことで、自分がその本を読む目的を明確化します。

本を読む目的を明確化することは、本の内容を記憶する方法として優秀ですし、本を読むモチベーションをあげる方法としては、さらに優秀な方法です。

また、読書理由は購入理由を知ることにもなりますので、書籍レビューとして本を販売したいと考えている人にとっては、ユーザー目線を理解することにもなりますので、非常に有効です。

しかし、書籍レビューの記事では、状況により読書理由は省略しても構いません。

著者の情報

著者が何冊か書籍を書いているのであれば、著者の情報を書くことも有効です。

著者が有名であれば、アクセスも稼ぎやすくなるため、著者が情報も記載しておきましょう。

著者が複数冊書籍を書いているのであれば、関連知識として知識を広げやすくなります。

また著者の主張も似たりよったりするものなので、本を読むのもスムーズになります。

しかし、著者の情報は必要に応じて省略して構いません。

(例えば、著者の書籍が1冊しかない場合や、著者情報がない場合、法人だったりする場合です)

書籍の結論

ここからが本番です。

まずは書籍の結論を書きましょう。

本の中で最も重要だと思った箇所を1箇所書きましょう。

重要ポイント

結論以外の重要なポイントも書いていきましょう。

文章で書いても構いませんし、箇条書きのキーワード単位で書いても構いません。

主に重要なポイントは3つか4つにまとめることがおすすめです。

なぜなら、3つか4つに絞ることで、読者も記事を読みやすくなります。

情報が10個もあってしまうと、読者の頭がパンクしてしまいます。

つまり、読みづらい記事になってしまうのです。

また、自分が本の内容を記憶する上でも、3~4つのポイントに絞ると覚えやすいのでおすすめです。

どうしてもポイントが多くなりそうな場合は、関連知識として上手に関連付けてあげることが大切です。

理由と具体例

重要ポイントをより分かりやすく説明するために、理由や具体例を用いて説明しましょう。

中身のある書籍レビューにするためには、理由と具体例の差別化が重要です。

理由と具体例の両方を書いても構いません。

まとめ

重要ポイントと結論を箇条書きでまとめましょう。

また、今後の行動指針も書いてあげることが望ましいです。

書籍を購入してもらうためのセールストークを混ぜても構いません。

読書のメリット

重要ポイントを参考にしながら、該当書籍を読むメリットを伝えてあげましょう。

セールストークになりますので、セールスしたい人はしっかり書いていきましょう。

読まない方が良い人

読まない方が良い人を書いてあげた方が、セールスは成功しやすくなります。

個人的見解で構いませんので、読まない方が良い人を箇条書きでまとめましょう。

読んだ方が良い人

最後に読んだ方が良い人を書きます。

最後のセールス文になりますので、読者の欲求を考えながら、読んだ方が良い人をまとめましょう。

ユーザーに本を購入してもらうよう行動指針も書いてあげましょう。

終わりに

上記で書籍レビューの方法につい説明を終わります。

今回の書籍レビューの書き方は、自分のための記憶術の最適化と、セールストークを含めた書き方になっています。

各項目を埋めながら、レビューを書いていってください。

一緒に読むことで、より知識が深まります。