先日、ニアピン過ぎる話がありました。

今、若い子の間(女子高生?)では

怒っている言葉の表現が以下のように

なっていると知りました。(もう古いのかな?^^;)

おこ

→激おこ

→激おこぷんぷん丸

→ムカ着火ファイアー

→カム着火インフェルノォォォオオオウ

→げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム

※下にいくにつれて、怒り度が強いです。

「おこ」だけは聞いた事ありましたが、

怒っていることを表すにも

こんなに比較級があるんですね^^;

なんだか、

ぷよぷよ

みたいに感じるのは私だけでしょうか?

素朴に疑問に思ったのが、

本当に怒った時に

「お前、マジで、げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム!!!」

って言うのかな?

言葉長過ぎて、途中で怒りが消滅しそうな気がします。笑

本当、こういう造語を作る

若い子(女子高生?)って、凄いなと思っているのですが、

ベクトルがニアピンなんですよね。

ちょっとだけ、

社会に役立ちそうな事であれば、

とんでもないことになると思うんですよね^^

こういう流行を生み出せる

若い子っていうのは、

一握りだとは思いますが、

本当に素晴らしいと思います。

ただ、ニアピン過ぎる。。。

一緒に読むことで、より知識が深まります。