今回は

リッチマン・プアウーマンに学ぶ「なぜマインドが重要なのか」

についてです。

 

「リッチマン・プアウーマン」の特別編が昨日放送されました。

このドラマの中で、非常に重要な事を言っていたので、記事にします。

 

経営者の日向(小栗旬)は、社員(被雇用者)に言います。

「大変だから作らないのか!?」

「作り手の論理で、ユーザーが不便を強いられていいのか!?」

「そんなに無理難題か」

「たとえ、そうだとしても、実現させる方法をひねり出そうとしている人間は一人もいないのか」

 

ネットの業界では、マインドマインドとうるさくて嫌いなのですが

それでも私は、マインド(精神面)が重要だと感じています。

今までの自分であれば、社員(被雇用者)の気持ちが分かりますよ。

痛いほど・・・。笑

 

だって、同じ給料をもらうのに、なんで面倒臭くて、しかも難しいことをしないといけないんだ!と。

せめて給料あげてから、そういう話をしてくれよと。

そう思いませんでしたか。笑

 

でも、これは経営者の目線とお客様の目線を忘れています。

お客様にとって、あなたの都合なんて関係ない。

より良いサービスを使うだけなんですよ。

 

経営者はお客様がいないと、まず商売として成り立たないですよね。

お金がうまれるポイントがないので。

だから、お客様がどうすれば喜んでくれるのかというのを凄い気にします。

でも、社員(被雇用者)の人って、あまりこの事を考え抜いている人って少ないですよね。

まずは、この視点が重要なんだよって事です。

 

そして、経営していれば、ライバル会社がいるなんてことは当たり前です。

ライバル会社だって、同じようにどうしたら、お客様が喜んでくれるだろうか

必死に考えてるわけですよ。

考える事を辞めたら、利益はなくなり、経営できなくなりますからね。

破産、倒産ですよ。

自分たちの都合なんて、お客様には関係ないです。

会社経営をしている人って、みんなそうだと思うんですが、

問題なんて、毎日のように出てきます。

 

ライバル会社が、こんな手法を使って、利益独占していますとか。

お客様からの要望やクレーム。。。

じゃあ、これから逃げ出すのかというと、

逃げ出したら、会社がつぶれますので、解決策を考えるしかないわけです。

それで、みんな何とか解決策を生み出すんです。

だから、業界全体がレベルアップしていくわけですよね。

 

じゃあ、何が重要なのかというと、

解決策を生み出すことの前に

「お客様目線で考える」ことだったり、「問題が発生しても、諦めない心」なんです。

つまり、マインドが重要になってくるんです。

 

どうでしょうか。分かっていただけましたか。

経営していたら日々、難題が出てくると思いますが、

そこで、どういった行動するか、どう気持ちを維持していくかというのが重要です。

となると、やっぱり、自分の好きな事や興味のあることを仕事にした方が

成功する可能性は高くなるということですね。

いくら金が儲けれても、嫌いな仕事だったら、問題が出て来た時に

諦めたくなりますもんね。

なので、その事業を辞めたりする方がいらっしゃるんです。

まずは、しっかり精神面やマインドのレベルアップをしていきましょう。

 

実際、行動に移すのは大変なんですが、

私もお客様やブログの読者様に少しでも良いサービスを提供出来るように努力していきますので、これからもよろしくお願いします。

 

■まとめ
自分たちの都合なんて、お客様には関係ない。

お客様が求めるのは、よりよいサービスだけ。

解決策を生み出すには、精神面やマインドを鍛える必要がある

一緒に読むことで、より知識が深まります。