今回はAmazonで出品時に商品の状態を何にして出品すると良いのか説明していきます。

私の場合、基本的に「良い」以上で出品しています。

それは、商品状態が悪くても、

良いの状態で出品するということではないので、注意してください。

【PR】マカド! Amazonせどり管理ツールの公式サイトはこちら

商品状態「良い」以上で出品した方が良い理由

中古品を仕入する際に、私は絶対に商品状態が「可」になるような状態の悪い商品は仕入れしないです(‘ω’)

まずAmazonの出品規則からいくと「可」の状態はかなり悪い状態です。

Amazonの出品規則を確認してみましょう。

つまり、本であれば、書き込みが全体のページの半分以上だったり、特典付きの商品の特典が付属していなかったりした場合に「可」の状態になります。

例えば、ブックオフで本を買おうとするなら、本に書き込みがあった時点で、販売不可か100円商品として処理します。

ところが、Amazonさんの場合は、書き込みが多少あっても、全然問題ないよ。販売しますよ!ということなんです。

商品状態の「可」が、一般的に見てかなり悪い状態というのは理解いただけたでしょうか?

商品状態「可」商品の仕入と販売を避ける理由

そして、問題なのは、「可」のような悪い商品状態を仕入して、販売した場合、購入者からクレームを産み、出品者評価を下げられたり、返品を処理などをしないといけなくなることがあります。

だからこそ、私の場合は、どんなに安く商品が仕入出来るといっても、悪い状態の商品を仕入れしないですね。

他にも「可」になるような商品を仕入れるのは避けた方が良い理由があります。

それは検品作業です。中古品を扱うと分かりますが、中古品の検品作業というのはかなり面倒で時間がかかります。

時間がかかる作業は結局、自分の時間効率を下げる行為にあたります。

商品状態が良くないと、どこが良くないのかをAmazonの商品説明欄に記載しないといけませんし、商品を少しでも綺麗に見せようと商品1つ1つを丁寧に磨いたり、綺麗しようと作業しないといけなくなるため、時間が長くかかってしまうのです。実際に説明欄が記載が落ちていたり、商品があまりにも汚いと購入者から文句が来て、出品者評価を下げられたり、挙句には手には返品対応しないといけなかったりします。

そうなると結局、不利益を被るのは自分です。時間もとられますし、返品となると赤字になる可能性もあります。それでは本末転倒ですよね?

もちろん、商品状態が悪いものを仕入れるのは、安く仕入出来る確率が高いので、利幅を狙うということと、仕入対象が広くなるので、「可」の商品状態を積極的に仕入販売するという戦略をとることも出来ますが、現状は「良い商品を薄利でも沢山売る」という戦略の方がベターです。

理由は、そちらの方が時給単価は上がるからです。外注さんを使って機械的に作業させるのであれば、商品状態「可」のものを仕入れてもいいかもしれませんが、少数で販売していくのであれば、避けた方が良いでしょう。

確かに、リサイクル修理ビジネスのような、修理が必要なジャンク品を仕入れてきて、綺麗に修理し、適正な価格で販売し直すという戦略もありますが、修理をするには時間もかかりますし、修理能力が必要になってきますので、少し努力する必要があります。

なので、商品状態が良いものを仕入するか、新品を仕入れするのがおすすめです。極力、商品状態が悪いものは避けるべきです。 

もし、仕入れ時に商品状態は良く見えたが、実際に検品してみると、商品状態が悪かったという場合があります。しかし、その場合は仕方がありませんので、きちんと検品して商品説明文は詳しく説明しましょう。

商品状態「非常に良い」を積極的に採用する理由

特に、限定品の商品については、特典などがついていなかったり、汚い場合は全然売れませんので注意してください。普通の文庫本であれば、商品状態が「可」で売れる事もありますが、文庫本の仕入は数少ないと思いますので、参考にならないでしょう。

改めて、出品者側の私達はいかに商品状態を「良い」状態に持っていき、ユーザーに購入してもらうかに労力を費やすべきですね。

補足ですが、私達は商品状態「良い」以上の商品を仕入れいくべきなので、Amazonで販売する時に価格は、商品状態が「良い」になっている価格を調べるべきですね。Amazonで商品の価格を検索すると最安値が表示されることになっていますが、最安値の場合、商品状態が「可」になっていることも多いので、実は仕入れれば儲けていたとか、より高い利益になったという場合がありますので、注意してみてくださいね。

「良い」の最安値価格を見て、商品を仕入れるかどうか判断するようにしましょう。

ちなみにですが、私の場合は、「非常に良い」の商品コンディションを基準に仕入していますので、参考にしてみて下さい。

特に限定品とかで特典がついている商品は、積極的にコレクター出品の方で出品出来ないかも検討しています。

残念ながら、Amazonで販売する場合は、売り方で工夫する方法はほとんどありません。なぜなら最安値順で表示されてしまうからです。

最後に

Amazonで販売する場合は、商品状態は「良い」以上のものを仕入れして、限定品などの特典が付属する商品は非常に良い以上のものを仕入して、詳しい商品説明によって、付加価値を高めるようにしましょう。

マカド! Amazonせどり管理ツールの公式サイトはこちら