今回は

特待生に落ちた時の気持ち

についてです。

 

ochikomu

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はIBS特待生に落ちた時の気持ちを

隠す事なく

お伝えしていきますね^^

 

そもそも、IBSの前身である

与沢さんと蝶乃さんのネットビジネス健全化運動の動画を見て、

かなり興味を持っていました。

かなり面白うそうだなと。

この無料動画で相当良い事、言ってあるじゃないかと

思っていました。

 

特に蝶乃さんのお話は何か魅了されるものがあり、

「この人、すげぇ~頭良いな~。超戦略的に考えてるじゃん」

なんて、思っていたわけですよ。笑

そしたら、最近ネットビジネスで稼ぎ始めた3人の動画が紹介されたわけです。

その後、このインターねとビジネススクール(IBS)への流れとなっていくんですが。

すると、IBSの特待生を募集すると告知があって

特待生に選ばれると、無料で入学出来るみたいなね。笑

 

それで、私はまんまと引っかかって、

特待生に応募してみようと思ったわけです。

あ。その頃、ネットビジネスをしっかり学ぶには、

塾形式に入らないと相当遠回りするなと

思っていたので、

ちょっと塾探しをしていたのも事実です。^^;

そしたら、IBSの知らせがあって。みたいな流れですね。

 

で、せっかく応募するなら

全力で文章を書かないといけないと思って本気で考えたわけです。

どうしたら、自分の熱い想いを伝える事ができるのだろうかと。

あと、意識したのは、相手に興味を持ってもらえるように

文章を書くべきだということですね。

 

まあ、もし特待生に選ばれなかった場合でも、

自分が文章を書く訓練だと思って、

本気で書きました。

でも、落ちました。涙

凄くショックでしたよ。

そりゃあ、本気で書いた文章ですからね。

 

逆に5人は特待生として合格している。

まあ、ヤラセかどうかは分からないわけですが^^;

でも、ここで確かなことは、

もし、このままIBSに入学しても

現時点で特待生には負けているということです。

自分が特待生に劣っているというのが、

どうしても悔しくて。。。

 

悔しい場合に考える事は2つ

1つは、勝ち目がないと判断して、潔く諦める

2つ目は、特待生達よりも、ものすごい頑張って、特待生を超えて、自分が1番であることを証明する

どちらかなんですよね~^^;

僕も初めは、自分にはIBSでやっていく自信がないやと思って

諦めようとしました。

なんか、負けた事が悔しくて

不良少年のような気持ちですよ。笑

 

でも、やっぱりネットビジネスを本気でやってみたいと思ったんです。

あと、これが非常に重要で、

入学して、仮にぼったくられ、

それでも許せると思うならやろうと考えていました。

で、私の許せる判断基準というのが、人です。

 

私は

蝶乃舞さん

羽田和広さん

なら、ぜひとも教わりたい

これで駄目なら、もう何をやっても駄目だと決めていました。

なので、入学を決めたわけです。

 

あなたも、入学を決めた理由があったら、教えてくださいね♪

もし入学を迷っていたら、

私の入学理由を聞いて、入るか諦めるかの判断材料にしてもらえればと思います^^

どちらにせよ、迷いすぎは時間の無駄なので、気をつけてくださいね~♪

一緒に読むことで、より知識が深まります。