痔を予防するための7つのポイントをご紹介していきます。

①毎日お風呂に入りましょう。

お風呂に入ることで、体が暖まるので、血行が良くなりますし、清潔にもなるので、一挙両得です。

②便意は我慢しないようにしましょう

便意を我慢すると、便秘になります。便秘はお尻に負担をかけるので、良くありません。

便意を感じたら、すぐにトイレに行くようにしましょう。

規則正しい排便習慣を身につけることが理想的です。 

③トレイはなるべく短時間で終わらせる

トイレで長く踏ん張る行為は、肛門に負担をかけることになります。

便が途中まで出たら、無理に全部出し切ろうとしないことが大切です。

④便秘や下痢に気を付けよう

便秘は痔になる原因です。まずは排便をスムーズに行えるようにしましょう。食生活としては、繊維質の多い野菜や果物を多く食べたりすると、便秘を予防出来ます。

下痢は肛門を刺激し、細菌感染を起こしたりします。普通の硬さの便を毎日規則正しく出すことが重要です。消化が良く刺激が少ない者を食べましょう。冷たいものは避けた方が良いです。

⑤刺激の強いものは避けましょう

わさび、こしょう、からしやアルコールなども痔には良くありません。

⑥体を冷やさないようにしましょう

体を冷やすとお尻の血行が悪くなるので、よくありません。

⑦肛門はいつも清潔にしましょう

肛門を汚したままの状態にしておくと痔を悪化させます。排便の後は、お湯でお尻を洗い、清潔にしておきましょう。

痔に優しい繊維質の多い食べ物一覧

・かぼちゃ

・干し柿

・さつまいも

・じゃがいも

・リンゴ

・なし

・いんげん豆

・あずき

・くり

・ひじき

・しめじ

・こんぶ

・納豆

・おから

・そば

・食パン