bg_2nd-header (1)

出馬表

1 ショウナンパンドラ 牝4 56.0 池添 高野 70.1 11番人気

2 トーセンスターダム 牡4 58.0 武豊 池江 24.5 9番人気

3 ネオブラックダイヤ 牡7 58.0 秋山 鹿戸 127.2 12番人気

4 アドマイヤスピカ 牡5 58.0 幸 松田博 159.6 14番人気

5 カレンミロティック セ7 58.0 蛯名 平田 22.1 8番人気

6 デニムアンドルビー 牝5 56.0 浜中 角居 28.6 10番人気

7 ワンアンドオンリー 牡4 58.0 Mデムーロ 橋口弘 11.6 4番人気

8 ディアデラマドレ 牝5 56.0 藤岡康 角居 17.9 7番人気

9 トウシンモンステラ 牡5 58.0 和田 村山 217.3 15番人気

10 オーシャンブルー 牡7 58.0 松山 池江 218.7 16番人気

11 ヌーヴォレコルト 牝4 56.0 岩田 斎藤誠 8.6 3番人気

12 レッドデイヴィス セ7 58.0 松若 音無 130.6 13番人気

13 ラキシス 牝5 56.0 ルメール 角居 5.4 2番人気

14 トーホウジャッカル 牡4 58.0 酒井 谷 15.1 5番人気

15 ゴールドシップ 牡6 58.0 横山典 須貝 1.9 1番人気

16 ラブリーデイ 牡5 58.0 川田 池江 15.4 6番人気



style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-7769682555471327″
data-ad-slot=”9425556173″>

 

 

 

単勝予想オッズ

1番人気 15 ゴールドシップ 1.9

2番人気 13 ラキシス  5.4 

3番人気 11 ヌーヴォレコルト  8.6 

4番人気 7 ワンアンドオンリー  11.6 

5番人気 14 トーホウジャッカル  15.1 

6番人気 16 ラブリーデイ  15.4 

7番人気 8 ディアデラマドレ  17.9 

8番人気 5 カレンミロティック  22.1 

9番人気 2 トーセンスターダム  24.5 

10番人気 6 デニムアンドルビー  28.6 

11番人気 1 ショウナンパンドラ  70.1 

12番人気 3 ネオブラックダイヤ  127.2 

13番人気 12 レッドデイヴィス  130.6 

14番人気 4 アドマイヤスピカ  159.6 

15番人気 9 トウシンモンステラ  217.3 

16番人気 10 オーシャンブルー  218.7 



style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-7769682555471327″
data-ad-slot=”9425556173″>

 

 

 

有名人の予想

おぎやはぎ小木博明 ◎ゴールドシップ

おぎやはぎ矢作兼 ◎ラキシス

AKB48小嶋陽菜 ◎ラキシス 3連単5頭BOX 2トーセンスターダム、11ヌーヴォレコルト、13ラキシス、15ゴールドシップ、16ラブリーデイ

乃木坂46白石麻衣 ◎ゴールドシップ

井森美幸 ◎ゴールドシップ

ナイツ土屋 ◎トーホウジャッカル

カンニング竹山 ◎ゴールドシップ

ジャニーズJr.高田翔 ◎ラキシス

藤川京子 ◎ゴールドシップ

爆笑問題田中裕二 ◎デニムアンドルビー

細江純子 ◎

安藤勝己 ◎ヌーヴォレコルト

ジャンポケ斉藤 ◎ラキシス

キャプテン渡辺 ◎ゴールドシップ

安田美沙子 ◎ゴールドシップ

今井りか ◎ゴールドシップ

丹下日出夫 ◎ラキシス

大島麻衣 ◎みんなのKEIBAで発表

井崎脩五郎 ◎ラキシス

山崎エリカ ◎ヌーヴォレコルト

草野仁 ◎

杉本清 ◎

沢村一樹 ◎

矢部美穂 ◎

月亭八光 ◎

シャンプーハットてつじ ◎

福原直英 ◎

レッド吉田 ◎

ゴルゴ松本  ◎

インスタントジョンソンじゃい ◎

DAIGO ◎

徳光和夫 3連単6頭BOX ⑦、⑧、⑪、⑫、⑬、⑯

 

コンコン予想

◎ラキシス

実力的にナンバーワンだと思われるゴールドシップはあえて外しました。阪神に滅法強いですし、宝塚記念は連覇していますので、非常に魅力的ではありますが、単勝オッズが低すぎる割には、勝率は悪いのではないかと判断しました。ゴールドシップはちょこちょこと惨敗する馬なので、その点が信頼に欠けてしまうのもマイナス点です。

ラキシスは、大ハズレなレースをしないのが◎にする理由です。特に残り400メートルからは、鋭い足を使うというよりは、ゴールドシップと同じように長く良い脚を使うというところが魅力的です。前回の産経大阪杯では、キズナ相手に競り勝っていますし、エリザベス女王杯では、ヌーヴォレコルトにも差しきっています。

有馬記念では掲示板外になっていますが、着差が僅差であることと、今回の宝塚記念のメンバーに比べるとレベルが明らかに高かったことを考慮すると、マイナス評価としては度外視しても良いだろうと判断しました。

もし、ゴールドシップを負かすことが出来るのであれば、ラキシスが最有力ではないかなと思います。



style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-7769682555471327″
data-ad-slot=”9425556173″>