コース平面図


阪神芝1600mのコース攻略


高低断面図



幅員24~29m 直線距離473.6m 高低差2.4m


コースの特徴


桜花賞と阪神JFが行われるコースです。


2006年12月に大規模な改造工事が行われ、外回りコースが新しく設置されました。


以前の3〜4コーナーの外側に設置されたため、外回りコースの1周距離が2089mになり、右回りの競馬場の中では日本最長のコースになりました。


また、コース改造工事によって、以前のコースで指摘されていた問題点は解決されることになりました。


スタート地点から最初のコーナーまでの距離は444mに変更されました。


このことにより、外枠馬の不利はなくなりました。


以前のコースでは、内枠の馬は馬群に巻き込まれてしまい、外枠の馬は大外を走らされるという欠点がありました。


しかし、改造後は、馬の実力が勝負を決めるコースになったと言えます。


コースの起伏は、残り600mから直線の半ばまで緩やかな下りとなっており、阪神名物の上り坂に繋がるようになっています。


上り坂は高低差1.8mもあります。


それゆえ、逃げ、先行馬が直線の上り坂で失速することもよくあります。


まさにコース最大の難所がゴール直前で待っています。


最後に上り坂があるため、全体のペースとしては、ゆっくりとした流れになることが多く、基本は平均~後傾ラップの瞬発力勝負になります。


差し、追込の馬が届きやすいのが特徴です。


切れ脚鋭い馬であれば、位置どりはあまり関係ありません。


阪神競馬場の夏開催は梅雨時期になるため、雨天開催になることが多いものの馬場の痛み具合は遅いので、馬場状態の影響を受けることは、他の競馬場に比べてそれほど考慮しなくても良いと考えられます。


有利な枠


6枠


不利な枠


3枠


有利な決め手


先行、差し


人気の信頼度


中程度


有利な騎手


ミルコ・デムーロ


【18.11.4.35】連対率42.6%。3番人気以内なら基本買いでOK。


1番人気なら【8.7.0.6】なおさら買い


不利な騎手


藤岡康太


【0-2-4-53】で未勝利


得意な厩舎


藤沢和雄


【4.3.4.6】で連対率41.2%


有利な産駒


ヴィクトワールピサ


【2.7.3.18】で連対率30.0%


不利な産駒


ネオユニヴァース


【2-3-0-62】勝率3.0%、複勝率7.5%

一緒に読むことで、より知識が深まります。