created by Rinker
¥640 (2018/11/15 22:14:09時点 Amazon調べ-詳細)

ゴルゴ13の漫画を見ていると、ビジネスに役立つ言葉がたくさん並んでいます。

そもそも、ゴルゴ13自体が、自分の仕事に誇りを持っており、超一流のプロとして活動するためのルールを自分に設けています。

そこで今回はビジネスについて役立つゴルゴ13の名言から学んでいきましょう。

事を処理するとは

「仕事にうつるときは・・・人間を“殺す”なんて考えないことだ・・・“事”を処理すると考えるだけでいい」

ちょっと、怖い話ですが笑

このゴルゴ13の名言は、人を殺そうとする時に、殺気がついつい出てしまい、その殺気を相手に

感じ取られてしまい、気付かれるという事を表現したものです。

そして、殺気が出ないようにするにはどうしたら良いのかということについて、ゴルゴが独自の説明をしています。

下手に人を殺そうと考えるのではなく、淡々と仕事を遂行しようとすることを考えなさいという説明です。

余計な事を考えすぎて手が止まってしまう人へ

今回のゴルゴの名言で私達が考えなければならないことは、考えすぎには注意しなさいよということです。

次から次へと余計な事を考えて、結局手が止まってしまい、何もできていないという人もいるでしょう。

その時に、、このゴルゴ13の名言を思い出してください。

やると決めた事、やらなければいけない事が絞れたら、あとは淡々と作業するだけです。

無感情のまま、淡々とやるべき事に集中して、作業を進めてください。

科学的にもシングルタスクは正解

実はやるべき事を淡々と行うというのは、科学的に見ても、効率が良い方法となっています。

実際、マルチタスクのように複数の作業を行おうとするよりも、シングルタスクでやるべきを1つに絞った方が成果が高いんですね。

これは集中力が上がるためと考えられます。

ゴルゴ13の名言もまさに同じ事を意味しています。

やるべき事を明確にしたら、あとは淡々とこなすだけだ!という事ですね。

まとめ

ゴルゴ13が仕事を行う時は「事を処理する」という考え方から来ています。

「事を処理する」ことだけを考えれば、シングルタスクの思考と同じになり、仕事のスピードも正確さも上がる

淡々と事を処理する事を考えましょう。