資金2000億の時に1兆7000億円の投資

資金6000万円の時に4億5000万円の投資

上が孫正義氏の例で下が本田宗一郎氏の例です。

規模がデカすぎて分かりづらいですね。

もっと庶民な価格にしてみましょう。

2つの事例とも資金の約9倍なので、資金30万円の時に270万円の投資をしたことになるわけです。

ですが、270万円投資したからといって、確実に返ってくる保証はありません。

投資だから当たり前なのですが…。

ですが、同じ状況で選択を迫られた時に、あなたは孫氏や本田氏と同じ行動をとれるでしょうか。

全然気にしないで投資するよという人がいたら、それは第2の孫正義氏になれるかもしれません。

ですが恐らく、ほとんどの人が無理でしょう。

そもそも日本人には、借金を悪だと思う人が多すぎるのではないでしょうか?

孫正義氏の例も本田宗一郎氏の例も、投資と言えば聞こえは良くなりますが、いってしまえば、ただの借金です。

借金が悪だと思っている人は、このような投資も難しいですね。

特にサラリーマンの人の方が経営者の人よりも抵抗が強い傾向にあります。

しかしながら、サラリーマンの人でも自分のことを棚に上げて、借金をしていないと認識している人がいます。

では、それはどのような場合か、答えは家や車、生命保険を購入する時です。

特に持ち家は原則、資産にはなり得ませんから、投資というよりは投機になるわけです。

年収300万円の人が平気で3000万円の家を買うわけですね。

ところが、家を買う時は大丈夫なのに、お金を稼ぐためにビジネスをしようする時に限って、年収300万円の人が30万円をケチるということになります。

気持ちは痛いほど分かるのですが、比較してみると、明らかにどちらが間違っているか分かるのではないでしょうか?(自分で文章書いてて思いました笑)

もう少し、個人レベルのビジネス金額に合わせていくと、資金300万円の時に2700万円の投資が出来るか?資金3000万円の時に2億7000万円の投資が出来るのか?ということになってきますね。

私も孫氏や本田氏のような感覚はまだ身につけていないので、金額がデカくなるとついついビビってしまいます。

金額にビビらない能力を今後身につけるのが課題ですね。経験を積めば慣れるものなのでしょうか。まだ分かりません。

長々と書いてきましたが…

要は、お金がないは言い訳だよってことです。(合せて時間がないも一緒です)

お金がないならないなりに解決するためのスキルは必須ということです。

ちなみに与沢さんは、資金10万円の時に3000万円投資したんだっけ…。

やっぱり今の私にはまだマネ出来ません笑

一緒に読むことで、より知識が深まります。