パルクールとは

パルクールとは道具などを使わず、体一つで人工物や自然の障害を越えて、目的地に効率的に移動するスポーツです。

パルクールでは、手すりや壁、車の上などを移動したり飛び越えたりするため、失敗してしまうと大怪我を引き越してしまう非常に危険なスポーツです。

従って、これからパルクールをやりたい人は、怪我などについては全て自己責任でお願いします。また、路上などで行うため、他人に迷惑をかけないこと、法律違反しないことを注意してください。

パルクールの語源

パルクールの語源はフランス語の「parcours du combattant」に由来すると言われています。「parcours du combattant」は「障害物コース」という意味で、ジュルジュ・エベルというフランスの海兵隊の体育インストラクターが生み出した古典的な障害物コース形式の海兵隊トレーニングです。

「parcours du combattant」をレイモン・ベルがより進化させて「Le parcours」を作りました。レイモン・ベルは息子のダヴィット・ベルに「Le parcours」を教え、ダヴィット・ベルがよりインパクトがあるように「Parkour」に名前を変更しました。

パルクールの危険性

パルクールは非常に危険なスポーツです。パルクールはかなりの身体能力を必要としますし、危険な場所で行うため、一度ミスしてしまうと、大事故に発展する可能性が高いです。最悪の場合、死に至ることもあるので、注意してください。

特にパルクール初心者の人は、パルクールの動画で大技などを見て、挑戦したくなる人もいると思いますが、絶対にやってはいけません。

まずは、高低差のない場所で、基本動作を繰り返し練習したり、マットやクッションを使って失敗しても大怪我にはならないような環境で練習することが大切です。

体力に自信のないパルクール初心者の人は、体力トレーニングから始める方が良いかもしれません。走ったり、ジャンプしたり、壁をよじ登ったりするには、筋力が必要になります。必要に応じて、筋肉トレーニングも起こった方が良いでしょう。

パルクールを楽しむためには、まずはパルクールの危険性をきちんと学んだ上で、安全を確保したうえで、技の上達を目指していくことが重要です。