14都府県で、クラブの営業時間の申請件数が70件になりました。

ミュージックに合わせて、客がダンスを踊る「クラブ」の営業時間が規制緩和され、一定の条件の元、クラブの終夜営業が認められる改正風営法が23日から施行されるようになりました。

警察では施行日の午前0時から営業できるように事前の許可申請を受け付けており、警察庁の話では、終夜営業申請は5月末までに14都府県で70件に上りました。

改正法ではダンスホールなどを対象から外され、店内の明るさや営業時間に応じて規制することになりました。酒類も提供するクラブでは、「特定遊興飲食店」として扱われるには、明るさが10ルクス超などの基準を満たす必要がある。都道府県公安委員会の許可を得ることで、早朝営業が可能となりました。

営業可能な地域は、栃木と滋賀、和歌山を除く44都道府県が条例を改正し、繁華街などを指定しています。

[itemlink post_id=”5925″]

[itemlink post_id=”5926″]

一緒に読むことで、より知識が深まります。

  • ソフトバンクの孫正義社長が経営続投を決定ソフトバンクの孫正義社長が経営続投を決定 6月21日、ソフトバンクグループの孫正義社長は、自身で経営継続することを発表した。 当初は、副社長のニケシュ・アローラ氏が引き継ぐ予定となっていたが、退任することを発表 […] Posted in 雑学