ipadやiphoneの登場で

電子書籍の時代が登場しました。

私も、電子書籍は必ず時代の流れになるだろうと思い、

自分が持っていた本を

次々と裁断し、scansnapという

canonさんのスキャナーで全て読み取り

iphoneやipadに電子書籍化し、

取り入れてました。

しかし、それから時は過ぎ

気付いたら、電子書籍の波は終わったような感じがします。

それは出版者からの反対勢力が強かったものだと思います。

いわゆる本には本の良さがあるという考えが

根強かったというのもあると思います。

そういえば、堀江貴文さんは電子書籍の枠組みを

大きくとらえており、いわゆるメルマガも電子書籍の

1つであると言われていました。

全く、その通りだと思いますし、

そう考えれば、電子書籍は終わりを遂げていたわけではありませんね。

同じ様に佐々木俊尚さんもそのような事を主張されていたのを

思い出します。

ただ、色々な所で、電子書籍という文字を

目にする機会は少なくなったような気がします。

しかし、ここ最近AmazonのKindleが

普及して以来、第二の電子書籍がやってきています。

なぜなら、著名な人達が

こぞって、電子書籍を販売しだしているからです。

私は電子書籍を販売したことがないから分かりませんが、

著名人の間で広がるということは

凄いビジネスモデルになりうるのでしょう。

幸い、一般のビジネスユーザーで

本格的に始めている方はあまりいないようなので、

至極チャンスが訪れている様に感じます。

こういったチャンスは絶対に後発参入者の方が不利です。

既に電子書籍を出版され、結果を出している人の話を聞けると言うのは、

自分も参入しても間に合う最後のチャンスかもしれないです。

自分も北海道から参戦すべきか

相当迷っています^^;

ただ、この話を聞きに行く際に

絶対的に気をつけるべき点があります。

それは主催側の視点を持つということです。

良い話聞けたな〜で終わっては意味がありません。

自分だったら、どうやって電子書籍を販売していくのか

どういった内容を伝えていくべきなのだろうか。

そのヒントを得るのに、話を聞きに行くべきで

参入出来る最後のチャンスになるでしょう。

私なら、絶対に一般席かプラチナ席を選択します。

こういった話を聞きに行く際、

中途半端なゴールド席にする意味はほとんど無いでしょう。

それならば、いっそ参加しない方が良いと思います。

iphoneアプリとともに、Kindleの電子書籍は

相場が役100円で価格は激安です。

圧倒的に拡散率が半端ないです。

今後、このビジネスモデルは本格的に

成長しそうですね。

私も早く販売側にまわらないと!^^;汗