音楽をする上で知っておきたい言葉「コード」

 

音楽を演奏するなり、作るなりしていると必ずこの「コード」という用語に出くわすと思います。
実際、ほとんどの曲は「メロディー」と「コード」の二つによって成り立っています。
ここでは、この「コード」について基本的な知識を書いていきます。

 

コードとは

複数の音程が同時に鳴っている状態を「コード」と呼びます。
いわゆる「和音」ですね。
音楽を作る上でこの概念は欠かせないと言っても過言ではありません。

基本的にコードは三つ以上の音で成り立ちます。
試しに手元の楽器などで「ド・ミ・ソ」を同時に鳴らしてみてください。
これがコードです。

音楽はこのコードの組み合わせによっていろいろな雰囲気を出しています。
「ド・ミ・ソ」の次に「レ・ファ・ラ」を鳴らすのか、「レ・ソ・シ」を鳴らすのか……。
それだけで曲が変わります。
音楽はこうした様々なコードを使い分けることで色々な雰囲気を作り出しています。

音楽をする上で知っておきたい言葉「コード」

 

コードネーム

それぞれのコードにはアルファベットで名前がついています。
「ド・ミ・ソ」なら「Cメジャー」です。
このネーミングには法則があるのですが、詳しく書くと難しくなるので簡単な部分だけ説明します。

音楽の世界では「ラ」を「A」として「ラシドレミファソ」を「ABCDEFG」と表記していきます。
上の「Cメジャー」では「ド」、つまり「C」の音が基本(ルート音と言います)になっているので「Cメジャー」なわけです。
ちなみに、「ミ・ソ・ド」と鳴らしても名前は変わりません。
あくまで音の「組み合わせ」に名前がついているからです。
では「メジャー」とは何でしょうか?

音楽をする上で知っておきたい言葉「コード」

 

「メジャーコード」と「マイナーコード」

コードには「メジャーコード」と「マイナーコード」というものがあります。
他にもいろいろあるのですが、あまりに多いのでここではこの二つについて説明したいと思います。
というのは、この二つはもっとも基本的なコードだからです。

まず、メジャーコードですが、これは大雑把に言うと「明るい響きのコード」です。
先ほどの「Cメジャー」が代表的な例ですね。
ほとんどの人が「ド・ミ・ソ」と聴くと明るい、すっきりとした印象を抱くはずです。

マイナーコードというのは、メジャーと反対に「暗い響きのコード」です。
試しに「レ・ファ・ラ」と鳴らしてみてください。
悲しげな雰囲気がしませんか?
これが「Dマイナー」と呼ばれるコードです。
他にも「セブンス」「サスフォー」など、様々な種類のコードが存在します。

音楽をする上で知っておきたい言葉「コード」

 

最後に

いかがでしょうか?
大変簡単ではありますが、少しでも「コード」というものについて理解していただければ幸いです。
コードは音楽を形作る上で大変重要な要素ですから、これをきっかけに色々と勉強してみると良いでしょう。
きっと今までより音楽について理解が深まると思います。

音楽をする上で知っておきたい言葉「コード」