Facebookはプライベート用とビジネス用に分けて

使用している人が多いですが

ビジネスに適用している理由を説明していきます^^

 

①広告を掲載出来る

Facebookの広告は個人から手軽に出稿することができます。

Facebookの広告の特徴は広告の効果が高いことです。

住所から、年齢、性別、職業、趣味などを判別し、広告表示させたい相手に支払いる分の広告料で簡単に広告出稿ができます。

 

②連携が出来る

Facebookには「いいね!」ボタンが設定されており、

自分のブログや会社のHPに設置することで、

Facebookとの連携が可能になります。

Facebookとの連携により、さらに口コミを広げたり、ファンを作ったり、人を集めることができます。

 

③アプリケーションの利用が出来る

Facebookでは、アプリケーションを使うことが出来ます。

Twitterとの連携や動画の表示が出来たりします。

 

例えば、アンケート機能を付けたアプリケーションなどを

Facebookページに設けることができます。

企業によっては、独自のアプリケーションを開発し、

他社のFacebookページと差別化する企業も最近は目立って来るようになりました。

 

④Facebookページを利用する

FacebookにはFacebookページがあり、

個別に団体、会社、有名人などが、正式な情報を興味の持っている人たちに公開することが出来ます。

最近は、Facebookページを持っている企業が多くなってきて、

ビジネスにおいて、有益なツールとして活用しているしている会社が多くなっています。

 

⑤分析が出来る

インサイトというツールを使えば

Facebookページの情報を分析を出来ます。

情報のフィードバックにも優れているツールです。

 

この機能を使えば、Facebookページの運用を効率的に高めていくことが可能になります。

ほとんどの消費者が、ソーシャルメディアを利用しており、

企業にとってはソーシャルメディアを利用しないことは大きなリスクになります。

 

Facebookユーザー数はまだ少ないですが、

Facebookの日本での成長率、その機能面を考慮すれば、

今後、Facebookを活用する価値は企業にとって大きくなっていきます。

 

Facebook成長期の今だからこそ、

Facebookに取り組み、ビジネスを加速させるチャンスを掴みましょう。

t02200148_0800053911444776838