一生使える見やすい資料のデザイン入門

商品の内容

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

WEBで大人気の資料デザイン入門がついに書籍化!
仕事で即役立つデザインのコツ満載!

◎見やすい資料はこんな資料
■1スライド=1メッセージ
■視覚情報を活用している
■箇条書きに頼りすぎない
■無駄な要素がない
■情報が凝縮されている

人にわかりやすく伝えるには、「見やすさ」が重要です。文字、図、表などの使い方にほんの少し気を配り、見やすさを意識するだけで、資料の仕上がりはぐっと見違えてきます。

本書では、Webのスライド共有サービス「SlideShare」での累計閲覧数220万超えの人気スライド「見やすいプレゼン資料の作り方」をベースに、「これさえ覚えておけばOK!」という実務で役立つ最低限のデザインのポイントを厳選。ビフォー→アフターの大きな作例と共に簡潔に解説。作例はビジネスでの使用頻度が高い、パワーポイントのスライド資料を使用。直感的にポイントを理解できる構成なので、デザインを学んだことのない人、センスに自信のない人でも、すぐに習得することができる作りです。

ごく当たり前だけどわかりやすさを左右する「書体」「行間」「色」などの基本から、「図形」や「グラフ」などのちょっとした見せ方のコツまで、「これをやれば、人に伝わりやすくなる!」というポイントをまとめています。

巻末には印象のよいタイトルデザインやA4一枚の資料、ポスター、POPなど、さまざまな資料のよくあるシーン別資料集も掲載。

今まで誰も教えてくれなかった、見やすい資料作りの「ちょっとしたコツ」が満載です。

 
誰でも今スグ実践できる、「ほんのひと手間」で資料が変身!スライド共有サービス「SlideShare」の人気スライド「見やすいプレゼン資料の作り方」待望の書籍化! 

著者について

東京農工大学大学院情報工学専攻在学中に「研究発表プレゼンがわかりにくい」と感じたことから、教育工学で学んだ知識と独学の資料作成ノウハウをまとめ、勉強会を発足。それをまとめたものをWebのスライド共有サービス「SlideShare」に掲載したところ、1ヶ月で累計閲覧数30万回を突破。その後も閲覧数が増え続け、現在では累計220万回を超える人気コンテンツに(2015年12月現在)。高校の授業から大企業の研修まで幅広く利用されている。在学中からスマートキャンプ株式会社の運営する法人向け資料作成代行サービス「SKET」に携わっており、大学院修了後、同社に入社。事業責任者兼ディレクターとして100社以上の資料作成を監修している。 

著者略歴

森重/湧太
東京農工大学大学院情報工学専攻在学中に「研究発表プレゼンがわかりにくい」と感じたことから、教育工学で学んだ知識と独学の資料作成ノウハウをまとめ、勉強会を発足。それをまとめたものをWebのスライド共有サービス「Slide Share」に掲載したところ、1ヶ月で累計閲覧数30万回を突破。その後も閲覧数が増え続け、累計220万回を超える人気コンテンツに(2015年12月現在)。高校の授業から大企業の研修まで幅広く利用されている。在学中からスマートキャンプ株式会社の運営する法人向け資料作成代行サービス「SKET」に携わっており、大学院修了後、同社に入社。事業責任者兼ディレクターとして100社以上の資料作成を監修している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 52993 KB
  • 紙の本の長さ: 176 ページ
  • 出版社: インプレス (2016/1/22)

総合評価

4.2

良い口コミ

会社で部下にプレゼン資料作成のノウハウを教えるのに、「もっとデザイン良くして」「文字少なめに、シンプルに」などと指示を出していたのですが、この本を進めるようになって、部下のパワポスキルも向上しました。人に伝える、ということはこういうことだ!というのが非常によくわかります。パワポ系の本はこの7年間ぐらい読み漁っていますが、一番わかりやすいです。すぐに試したくなりますよ。おすすめです

 

こういう本を待っていた。
とても解説がよく、これを元に資料作成をしていくだけでも練習になる。
特に新卒の方にオススメしたいが、今まで資料作成をしていた方でもこれを読むことで違いが作れるでしょう
 
プレゼンテーションで映し出すスライド資料を
いかに見やすくするかというデザインの基礎を解説したもの。

1ページに含めていい情報量や適切なフォント選び、
配色についてや説明書きの配置や順序など
初心者がやってしまいそうな問題をすべて洗い出し、
悪い例と良い例を比較しながら解説してくれる素晴らしい内容。

非常に単純なことばかりだが、
これが守れていないプレゼん資料が世間でいかに多いことか。
資料を使って人前で発表する機会がある人は
本書で紹介されているルールを徹底するだけで
各段に伝わりやすい資料になるはず。
「社内プレゼンの資料作成術」も合わせて読むと完璧だろう。

 
見開きページで、左ページに「見やすくない資料」を
右ページに「見やすい資料」を配置し一目で見やすく
なるポイントのツボを押さえている。

見やすい資料の10個条が冒頭に書かれている。(詳
しくは本文)
・「1スライド=1メッセージ」になっている
・フォントの特性を利用している
・色を使うルールを決めている
・色の特徴を利用している
・脱・箇条書き
・装飾がシンプルで無駄な要素がない
・情報が凝縮されている
・情報のグループ化を行なっている
・テキストや図が整列されている
・情報と情報の間には余白をとっている

これまでのプレゼンテーションの資料としてよく見る
(よく使っていた)ページが「見やすくない資料」と
されており、ちょっと手を加えるだけで、見違える資
料に変わっている。

自分で作った資料が、なんだかダサいな(見にくい)
と思ったら、似たページを左ページから探すと、変更
のポイントと変更後(見やすい)の資料が右ページに
示されている。

パワーポイントのテンプレートの作り方の参考にもな
る。

一枚の資料に情報をてんこ盛りにせず、シンプルにす
ることで見やすい資料が作成できる。

文字、行間隔や色の使い方、イメージの配置の仕方な
ど細かいところも参考になる。

『目から鱗の一冊だった』

 
パワポの資料づくりで言えば、何のフォントで何ポイントがオススメまで書いてある。レイアウトとかフォントとか、仕事のスライドづくりの基礎なのに、会社ではしっかり定められていない細かい部分なのでとても参考になった。さっそく資料づくりに反映していきたい。あとワード文書でのデザインについても少ないながらも紹介されており大変参考になった。文字が多い場合は明朝の方がいいんでしたね。忘れてました。

悪い口コミ

非常に簡単な内容ばかりなのでWebで見れば十分だと思います。本を買う必要はないかと思います。

 

さほど役に立たないと思いますよ。フォントの特徴の説明ぐらいかな、やくだつのは。

 

めちゃめちゃシンプルな内容です。わかりやすい、とも思います。
初心者の方には5つ星なのかもしれません。
私がターゲットではなかったのだと思います。

 

物足りなかった・・・サイトを見ていたほうが勉強になったかも。テンプレ付きなら良かったんですけどねぇ。

 

一生使える見やすい資料のデザイン入門